【スペック】全長×全幅×全高=5070×1900×1490mm/ホイールベース=3070mm/車重=2040kg/駆動方式=FR/4.4リッターV8DOHC32バルブターボ(407ps/5500rpm、61.2kgm/1750-4500rpm)/価格=1200万円(テスト車=1549万5000円)

BMW750i(FR/6AT)【試乗速報(後編)】

主役はだれだ?(後編) 2009.04.22 試乗記 BMW750i(FR/6AT)
……1549万5000円

新型BMW7シリーズとはどんなクルマで、どっちを向いて進化したのか? メルセデス・ベンツSクラスやアウディA8といったライバル車と比較しながら、その特徴を浮き彫りにしていく。

いちげんさんでも大丈夫

フォーマルカーとしても使われる大型ラグジュアリーセダンの定番は、「メルセデスSクラス」である。定番に戦いを挑むのは、つくるほうにも、乗るほうにも勇気がいる。2002年に出た先代7シリーズも、きわめて勇気のあるクルマだった。そのため、初試乗のとき、ぼくは出先から広報部にSOSの連絡を入れなければならなかった。まったく新しい運転操作ロジックが理解できなくて、助けを求めたのである。 

こんどの新型でうれしいのは、すべての「いちげんさん」をパニックに陥れたひとりよがりの操作方法が、ほとんどあらためられたことだ。新しいことをやるのも勇気なら、あらためるのも勇気である。ATのセレクターは、センターフロアに戻ってきた。駐車ブレーキのスイッチもわかりやすいところにある。

先代7シリーズで初登場した集中コントロールのiDriveは、最新バージョンで大きく改良されて新型7シリーズに載った。エアコンやオーディオやカーナビを扱うのに、かつてはコンピュータ頭がないと手も足も出なかったが、いまはボタンによる「引き出し」が増えて、コマンドが出しやすくなり、現在地点もわかりやすくなった。これなら40代後半から50歳代にかけてという、7シリーズのユーザー層を悩ませることはないはずだ。

BMW7シリーズのコクピット。ナビやオーディオを操作するiDriveが日本仕様にあわせた設定となり、使い勝手が格段に向上した。
BMW7シリーズのコクピット。ナビやオーディオを操作するiDriveが日本仕様にあわせた設定となり、使い勝手が格段に向上した。

BMW750i(FR/6AT)【試乗速報(後編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る