クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=5070×1900×1490mm/ホイールベース=3070mm/車重=2040kg/駆動方式=FR/4.4リッターV8DOHC32バルブターボ(407ps/5500rpm、61.2kgm/1750-4500rpm)/価格=1200万円(テスト車=1549万5000円)

BMW750i(FR/6AT)【試乗速報(後編)】

主役はだれだ?(後編) 2009.04.22 試乗記 BMW750i(FR/6AT)
……1549万5000円

新型BMW7シリーズとはどんなクルマで、どっちを向いて進化したのか? メルセデス・ベンツSクラスやアウディA8といったライバル車と比較しながら、その特徴を浮き彫りにしていく。

いちげんさんでも大丈夫

フォーマルカーとしても使われる大型ラグジュアリーセダンの定番は、「メルセデスSクラス」である。定番に戦いを挑むのは、つくるほうにも、乗るほうにも勇気がいる。2002年に出た先代7シリーズも、きわめて勇気のあるクルマだった。そのため、初試乗のとき、ぼくは出先から広報部にSOSの連絡を入れなければならなかった。まったく新しい運転操作ロジックが理解できなくて、助けを求めたのである。 

こんどの新型でうれしいのは、すべての「いちげんさん」をパニックに陥れたひとりよがりの操作方法が、ほとんどあらためられたことだ。新しいことをやるのも勇気なら、あらためるのも勇気である。ATのセレクターは、センターフロアに戻ってきた。駐車ブレーキのスイッチもわかりやすいところにある。

先代7シリーズで初登場した集中コントロールのiDriveは、最新バージョンで大きく改良されて新型7シリーズに載った。エアコンやオーディオやカーナビを扱うのに、かつてはコンピュータ頭がないと手も足も出なかったが、いまはボタンによる「引き出し」が増えて、コマンドが出しやすくなり、現在地点もわかりやすくなった。これなら40代後半から50歳代にかけてという、7シリーズのユーザー層を悩ませることはないはずだ。

BMW7シリーズのコクピット。ナビやオーディオを操作するiDriveが日本仕様にあわせた設定となり、使い勝手が格段に向上した。
BMW7シリーズのコクピット。ナビやオーディオを操作するiDriveが日本仕様にあわせた設定となり、使い勝手が格段に向上した。
拡大

BMW750i(FR/6AT)【試乗速報(後編)】の画像 拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

高級車は「時間」がつくる

勇気と言えば、「アウディA8」も勇気ある大型ラグジュアリーセダンである。ドイツ車のこのクラスとしては最も新参で、「アウディV8」までさかのぼっても、キャリアは21年。A8と名前を変えてからは現行モデルで2代目だ。

試乗したのはシリーズのフラッグシップ、「A8 L 6.0クワトロ」(1787万円)。ノーマルをさらに13cmストレッチしたロングボディに6リッターW12気筒を積む。7シリーズは今回、ボンネット、ルーフ、フロントフェンダー、ドアなどを鉄からアルミに換えて軽量化を図ったが、A8は骨格のフレームすべてがアルミでできている。ロングボディの4WDでも、車重(2100kg)を750iのプラス60kgに収められたのは「アウディスペースフレーム」のなせるわざだろう。

VIPセダンとはいえ、A8は会長ではなく、2代目若社長、もしくは若旦那的な雰囲気のクルマだ。そういう意味では7シリーズに近いが、5代続く「7」ほどの「コク」はない。いい加減なことを言っているわけではない。高級車ほど、「時間」がつくるクルマはないと思う。

アウディA6 L 6.0。6リッターW12は、最高出力450ps、最大トルク59.1kgmを発生。10・15モード燃費は、6.1km/リッター。ちなみにV8の4.2 FSI クワトロは、350ps/44.9kgmで、燃費は6.6km/リッター。
アウディA6 L 6.0。6リッターW12は、最高出力450ps、最大トルク59.1kgmを発生。10・15モード燃費は、6.1km/リッター。ちなみにV8の4.2 FSI クワトロは、350ps/44.9kgmで、燃費は6.6km/リッター。
拡大

BMW750i(FR/6AT)【試乗速報(後編)】の画像 拡大
アウディA8の乗り味は、メルセデスよりはBMWに近い。アルミスペースフレームを採用することもあり、重厚というよりは軽快な走りっぷりを見せる。
アウディA8の乗り味は、メルセデスよりはBMWに近い。アルミスペースフレームを採用することもあり、重厚というよりは軽快な走りっぷりを見せる。
拡大

主役はドライバー

6リッターW12気筒は450ps。でも、スペックから想像するほどの格違い感はない。ロングボディということもあって、敏捷性は750iのほうが上だ。荒れた舗装路だと、フロアが微振動するのが気になったが、帰り道にリアシートに乗せてもらったら、後席はおよそバイブレーションフリーで、別室のように快適だった。

このクラスで設計者が頭を悩ますのは、主役はだれかということだろう。ショーファードリブンで使われるクルマに、過剰なファン・トゥ・ドライブを与えても、ほめてはもらえない。かと思えば、ふだんは後席だが、休みの日は自らハンドルを握るというオーナーもいる。そのへんがミニバンやスポーツカーをつくるのとは違うむずかしさだ。

新型7シリーズの主役は、間違いなくドライバーである。そういう意味で、BMWのフラッグシップとして筋が通っている。おカネより運転が好きな人のラグジュアリーセダンである。

(文=下野康史/写真=荒川正幸)

BMW7シリーズのリアシート。十分なスペースはあるが、このクラスではけっして広い方ではない。なお、テスト車のコンフォートシートは、54万7000円のオプション装備。
BMW7シリーズのリアシート。十分なスペースはあるが、このクラスではけっして広い方ではない。なお、テスト車のコンフォートシートは、54万7000円のオプション装備。
拡大
オプション装備:イノベーションパッケージ=37万円/コンフォートパッケージ=54万円/ラジアルスポーク・スタイリング252=36万3000円/ダイナミックドライブ=40万7000円/マルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリングホイール=3万3000円、レザーフィニッシュダッシュボード=23万3000円/マッサージ機能=10万7000円、セラミックスフィニッシュ=9万5000円/電動ガラスサンルーフ=19万5000円/リアベンチレーションシート=18万7000円/フロントアクティブシート=13万7000円/リアコンフォートシート=54万7000円/サイドビューカメラ=7万3000円、USBオーディオ・インターフェイス=5万2000円/HiFiシステムプロフェッショナル・ロジック7=15万6000円)
オプション装備:イノベーションパッケージ=37万円/コンフォートパッケージ=54万円/ラジアルスポーク・スタイリング252=36万3000円/ダイナミックドライブ=40万7000円/マルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリングホイール=3万3000円、レザーフィニッシュダッシュボード=23万3000円/マッサージ機能=10万7000円、セラミックスフィニッシュ=9万5000円/電動ガラスサンルーフ=19万5000円/リアベンチレーションシート=18万7000円/フロントアクティブシート=13万7000円/リアコンフォートシート=54万7000円/サイドビューカメラ=7万3000円、USBオーディオ・インターフェイス=5万2000円/HiFiシステムプロフェッショナル・ロジック7=15万6000円)
拡大

関連キーワード:
A8Sクラス セダン7シリーズアウディメルセデス・ベンツBMW試乗記

あなたにおすすめの記事