「アウディR8」にV10の最上級モデルが追加

2009.04.21 自動車ニュース

「アウディR8」にV10の最上級モデルが追加

アウディジャパンは2009年4月21日、スーパースポーツ「R8」にV10エンジンを搭載した最上級グレードを追加し、同日予約受付を開始した。

追加された「5.2FSIクワトロ」はグレード名のとおり、5.2リッターの直噴エンジンが搭載される、「R8」シリーズのフラッグシップモデルだ。

採用された5.2リッターV10ユニットは、最高出力525ps/8000rpm、最大トルク54.0kgm/6500rpmを発生。トランスミッションは、V8モデル同様に、2ペダルMTである6段Rトロニックを採用する。0-100km/hは、わずか3.9秒で到達するというパフォーマンスの持ち主だ。

外観上のV8モデルとの差違は、クロームのフロントグリル、大型エアインテーク、専用の10スポーク19インチホイールなど。車内には、ファインナッパレザーの本革スポーツシート、専用のインストゥルメントクラスターが与えられ、スポーティさとともに高級感も演出された。

価格は1994.0万円で、ハンドル位置は左。デリバリー開始は、2009年7月下旬予定とのこと。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る