「アウディR8」にV10の最上級モデルが追加

2009.04.21 自動車ニュース

「アウディR8」にV10の最上級モデルが追加

アウディジャパンは2009年4月21日、スーパースポーツ「R8」にV10エンジンを搭載した最上級グレードを追加し、同日予約受付を開始した。

追加された「5.2FSIクワトロ」はグレード名のとおり、5.2リッターの直噴エンジンが搭載される、「R8」シリーズのフラッグシップモデルだ。

採用された5.2リッターV10ユニットは、最高出力525ps/8000rpm、最大トルク54.0kgm/6500rpmを発生。トランスミッションは、V8モデル同様に、2ペダルMTである6段Rトロニックを採用する。0-100km/hは、わずか3.9秒で到達するというパフォーマンスの持ち主だ。

外観上のV8モデルとの差違は、クロームのフロントグリル、大型エアインテーク、専用の10スポーク19インチホイールなど。車内には、ファインナッパレザーの本革スポーツシート、専用のインストゥルメントクラスターが与えられ、スポーティさとともに高級感も演出された。

価格は1994.0万円で、ハンドル位置は左。デリバリー開始は、2009年7月下旬予定とのこと。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
R8アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ポルシェが「911スピードスターコンセプト」を発表 2018.6.11 自動車ニュース ポルシェが「911スピードスターコンセプト」を世界初公開。自社のスポーツカー誕生70周年を記念したコンセプトモデルで、歴代スピードスターに通じる低められたスタイリングと、往年のレースカーをほうふつとさせるディテールが特徴となっている。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る