ホンダ、コンセプトモデル「SR-9」ほかを出展【上海ショー09】

2009.04.21 自動車ニュース

【上海ショー09】ホンダ、コンセプトモデル「SR-9」ほかを出展

本田技研工業は、2009年4月20日に開幕した上海モーターショーで、スポーツセダンのコンセプトモデル「SR-9」などを出展した。

ホンダは、中国における四輪生産販売合弁会社である「広州ホンダ」、「東風ホンダ」とともに出展。テーマは「環境」だ。
今回発表となった「SR-9」は、流麗なデザインとダイナミックな乗り味をウリとするスポーティミディアムセダンのコンセプトモデル。2009年中には「SR-9」ベースの新型車を発売する予定という。

そのほか、コンセプトカー「理念」を出展し、燃料電池車「FCXクラリティ」や「インサイト」を参考展示。「シビックハイブリッド」、年内に中国で発売予定の新型「オデッセイ」などの量産車も展示した。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。