クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=5070×1900×1490mm/ホイールベース=3070mm/車重=2040kg/駆動方式=FR/4.4リッターV8DOHC32バルブターボ(407ps/5500rpm、61.2kgm/1750-4500rpm)/価格=1200万円(テスト車=1549万5000円)

BMW750i(FR/6AT)【試乗速報(前編)】

主役はだれだ?(前編) 2009.04.21 試乗記 BMW750i(FR/6AT)
……1549万5000円


新型BMW7シリーズとはどんなクルマで、どっちを向いて進化したのか? メルセデス・ベンツSクラスやアウディA8といったライバル車と比較しながら、その特徴を浮き彫りにしていく。

原点回帰と効率追求

BMWはレースを観る人のクルマ、メルセデスはレースをやる人のクルマ。ぼくはこの2ブランドをそんなふうに捉えている。レーシングドライバーにはメルセデスのユーザーが多い。一方、自分ではやらないが、レースが大好きという人は、メルセデスよりBMWを好む。メルセデスの魅力は「安心」だ。それに対して、BMWの真価は「刺激」である。

レースの主人公としてさんざん刺激を味わったあと、どちらに乗りたいか。実際、F1ドライバーにメルセデスユーザーが多いことがその答えである。

そんな意味で、新型「7シリーズ」は実にBMWらしいラグジュアリーセダンになったと思う。アヴァンギャルドだった旧型から見ると、原点回帰したといってもいい。通算5代目にあたる新型のテーマは「エフィシェント・ダイナミクス」。機械的効率を高めて、環境性能や燃費性能を上げたということ。そういうことを言うなら、もっと小さいクルマをつくりゃいいじゃん、なんて言ったらおしまいで、大きなクルマだからこそ、こうした性能を追求し、アピールしなくてはならない時代である。

同伴車その1は、メルセデス・ベンツS550 4マチック(車両価格=1388万円)
同伴車その1は、メルセデス・ベンツS550 4マチック(車両価格=1388万円) 拡大
同伴車その2は、アウディA8 L 6.0クワトロ(車両価格=1787万円)
同伴車その2は、アウディA8 L 6.0クワトロ(車両価格=1787万円) 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

軽さのヒミツは速さ

だが、試乗会の限られた時間で体験した新型「750i」(1200万円)は、もっぱらBMW本来の魅力をみせつけてくれた。とにかくこのクルマ、運転していると、軽い。とても車重2tオーバー、全長5m超の巨漢とは思えない。

4.4リッターのV8ツインターボは407ps。6段ATでフル加速すると、静止から5.2秒で100km/hに達する。ということは、「ポルシェ・ケイマンS」並みの駿足なのだが、そんなときでも、デカイものが地響き立てて突進するような質量感はない。このガタイにして、走りは驚くほど軽いのだ。

そうしたキャラクターを演出する技術のひとつが、標準装備の“インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング”である。「前後輪統合制御ステアリング」と訳されるとおり、前輪と連関して後輪もステアする。ベースの技術はおなじみアクティブ・ステアリングだから、まず操舵がクイックだ。ボディの大きさを感じさせないのは、その“速いステアリング”によるところが大きい。

ボディのロールを抑える「ダイナミック・ドライブ」や、クルマの走行速度や加速度、ボディの動きをリアルタイムで解析し、その情報にあったダンパー設定を実現する「ダイナミック・ドライビング・コントロール」により、コーナーで安定した挙動を保つ。
ボディのロールを抑える「ダイナミック・ドライブ」や、クルマの走行速度や加速度、ボディの動きをリアルタイムで解析し、その情報にあったダンパー設定を実現する「ダイナミック・ドライビング・コントロール」により、コーナーで安定した挙動を保つ。
拡大
新型7シリーズには、3リッター直6ツインターボエンジン搭載の「740i」と4.4リッターV8ツインターボの「750i」、それぞれのロングホイールベース仕様「740Li」「750Li」の計4タイプが設定される。750i系の10・15モード燃費は、6.6km/リッター。
新型7シリーズには、3リッター直6ツインターボエンジン搭載の「740i」と4.4リッターV8ツインターボの「750i」、それぞれのロングホイールベース仕様「740Li」「750Li」の計4タイプが設定される。750i系の10・15モード燃費は、6.6km/リッター。
拡大
速度感応式のリアアクスルステアリングを採用。低速では、前輪と後輪を逆位相にして小回りを効くようにし、高速では同位相に操舵することで、操縦安定性を高める。
速度感応式のリアアクスルステアリングを採用。低速では、前輪と後輪を逆位相にして小回りを効くようにし、高速では同位相に操舵することで、操縦安定性を高める。
拡大

メルセデスSクラスと比べると……

60km/h以下だと、後輪は逆位相にきれ、据えぎりでは、前輪と逆向きに角度が最大3度ステアする。おかげで、意外なほど小回りがきく。試乗中も一度、狭い駐車場で切り返しすることなく回れたのでびっくりした。道路に戻り、再びワインディングロードを走り出せば、フットワークはあくまで軽い。

今回、試乗会会場の箱根まで、「メルセデスSクラス」と「アウディA8」を連れて行ったのだが、750iはそのドライブフィールにおいて最もスポーティで若々しかった。新型750iは、新しい7シリーズの皮を着たM5である、と言ったらちょっとほめすぎかもしれないが、けっして大げさではない。

そんな750iと比べると、大人(たいじん)の風格にあふれるのが「メルセデス・ベンツSクラス」である。「S550 4マチック」(1388万円)に載るのは、5.5リッターV8エンジン。387psのパワーは余裕しゃくしゃくだ。足まわりは750iに比べると、かなり柔らかい。750iより腰高な印象も強いから、運転感覚にスポーティさは薄いが、そのかわり、常に大木みたいな安心感を与えてくれるのはさすがだ。激しい入力を与えても、クルマは一拍ディレイして反応する。“ため”がある。この境地がメルセデスである。

後編に続く

(文=下野康史/写真=荒川正幸)

自動車ライターの下野康史氏。7シリーズの軽快な走りに好感を示した。
自動車ライターの下野康史氏。7シリーズの軽快な走りに好感を示した。
拡大
メルセデス・ベンツS550 4マチック。5.5リッターV8は、最高出力387ps、最大トルク54.0kgmを発生。10・15モード燃費は6.6km/リッター。
メルセデス・ベンツS550 4マチック。5.5リッターV8は、最高出力387ps、最大トルク54.0kgmを発生。10・15モード燃費は6.6km/リッター。
拡大

BMW750i(FR/6AT)【試乗速報(前編)】の画像 拡大

関連キーワード:
A8Sクラス セダン7シリーズアウディメルセデス・ベンツBMW試乗記

あなたにおすすめの記事