【スペック】全長×全幅×全高=5070×1900×1490mm/ホイールベース=3070mm/車重=2040kg/駆動方式=FR/4.4リッターV8DOHC32バルブターボ(407ps/5500rpm、61.2kgm/1750-4500rpm)/価格=1200万円(テスト車=1549万5000円)

BMW750i(FR/6AT)【試乗速報(前編)】

主役はだれだ?(前編) 2009.04.21 試乗記 BMW750i(FR/6AT)
……1549万5000円


新型BMW7シリーズとはどんなクルマで、どっちを向いて進化したのか? メルセデス・ベンツSクラスやアウディA8といったライバル車と比較しながら、その特徴を浮き彫りにしていく。

原点回帰と効率追求

BMWはレースを観る人のクルマ、メルセデスはレースをやる人のクルマ。ぼくはこの2ブランドをそんなふうに捉えている。レーシングドライバーにはメルセデスのユーザーが多い。一方、自分ではやらないが、レースが大好きという人は、メルセデスよりBMWを好む。メルセデスの魅力は「安心」だ。それに対して、BMWの真価は「刺激」である。

レースの主人公としてさんざん刺激を味わったあと、どちらに乗りたいか。実際、F1ドライバーにメルセデスユーザーが多いことがその答えである。

そんな意味で、新型「7シリーズ」は実にBMWらしいラグジュアリーセダンになったと思う。アヴァンギャルドだった旧型から見ると、原点回帰したといってもいい。通算5代目にあたる新型のテーマは「エフィシェント・ダイナミクス」。機械的効率を高めて、環境性能や燃費性能を上げたということ。そういうことを言うなら、もっと小さいクルマをつくりゃいいじゃん、なんて言ったらおしまいで、大きなクルマだからこそ、こうした性能を追求し、アピールしなくてはならない時代である。

同伴車その1は、メルセデス・ベンツS550 4マチック(車両価格=1388万円)
同伴車その1は、メルセデス・ベンツS550 4マチック(車両価格=1388万円)
同伴車その2は、アウディA8 L 6.0クワトロ(車両価格=1787万円)
同伴車その2は、アウディA8 L 6.0クワトロ(車両価格=1787万円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA8 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)/A8 L 4.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.4.14 試乗記 The Art of Progress(革新の美学)をコンセプトに掲げる「アウディA8」が、マイナーチェンジを受けて日本に上陸。知的でクールなフラッグシップセダンの走りを、エンジンもボディーも異なる2種のモデルで確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る