【スペック】全長×全幅×全高=4430×1810×1710mm/ホイールベース=2605mm/車重=1640kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(200ps/5100-6000rpm、28.6kgm/1700-5000rpm)/価格=422.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ティグアン スポーツ&スタイル(4WD/6AT)【試乗記】

ティグアンの本命は? 2009.04.20 試乗記 フォルクスワーゲン・ティグアン スポーツ&スタイル(4WD/6AT)
422.0万円

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に上級モデルが追加された。スタイリッシュなエクステリアに専用装備が追加された“都会派”は、どんな走りを見せるのか。

オンロードに主眼をおいた

「トラック&フィールド」か、それとも「スポーツ&スタイル」か。「ティグアン」の購入を考えているドライバーで、どちらにしようか思い悩んでいた人は多いだろう。両者が揃ったところで決めたいという人たちにとって、まさに待ち焦がれていたのが「スポーツ&スタイル」の登場である。

ヨーロッパで高い人気を集め、日本では2008年9月の発売から約5カ月のあいだに1800台を販売したフォルクスワーゲン初のコンパクトSUVが「ティグアン」。発売当初は、オフロードテイストを強めた「トラック&フィールド」だけのラインナップだったが、約半年遅れで上級グレードのスポーツ&スタイルが追加となった。

スポーツ&スタイルは、オンロードでの使用に主眼をおいたモデルで、都会的な雰囲気を重視したのが特徴だ。それはデザインに大きく表れていて、なかでもフロントまわりは両者の性格の違いを明確にしている。
トラック&フィールドがアプローチアングルを確保するために、バンパー下を斜めに切り落として、アンダーガードを装着するのに対し、スポーツ&スタイルでは、フラットなデザインを採用している。好き嫌いはあるだろうが、私はスタイリッシュなスポーツ&スタイルのほうがティグアンというクルマにはお似合いだと思う。

スポーツ&スタイルは、ファブリック&アルカンターラのスポーツシートを標準装備。オプションで、レザーシートやシートヒーターが選べる。
スポーツ&スタイルは、ファブリック&アルカンターラのスポーツシートを標準装備。オプションで、レザーシートやシートヒーターが選べる。

フォルクスワーゲン・ティグアン スポーツ&スタイル(4WD/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る