【スペック】全長×全幅×全高=4430×1810×1710mm/ホイールベース=2605mm/車重=1640kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(200ps/5100-6000rpm、28.6kgm/1700-5000rpm)/価格=422.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ティグアン スポーツ&スタイル(4WD/6AT)【試乗記】

ティグアンの本命は? 2009.04.20 試乗記 フォルクスワーゲン・ティグアン スポーツ&スタイル(4WD/6AT)
422.0万円

フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に上級モデルが追加された。スタイリッシュなエクステリアに専用装備が追加された“都会派”は、どんな走りを見せるのか。

オンロードに主眼をおいた

「トラック&フィールド」か、それとも「スポーツ&スタイル」か。「ティグアン」の購入を考えているドライバーで、どちらにしようか思い悩んでいた人は多いだろう。両者が揃ったところで決めたいという人たちにとって、まさに待ち焦がれていたのが「スポーツ&スタイル」の登場である。

ヨーロッパで高い人気を集め、日本では2008年9月の発売から約5カ月のあいだに1800台を販売したフォルクスワーゲン初のコンパクトSUVが「ティグアン」。発売当初は、オフロードテイストを強めた「トラック&フィールド」だけのラインナップだったが、約半年遅れで上級グレードのスポーツ&スタイルが追加となった。

スポーツ&スタイルは、オンロードでの使用に主眼をおいたモデルで、都会的な雰囲気を重視したのが特徴だ。それはデザインに大きく表れていて、なかでもフロントまわりは両者の性格の違いを明確にしている。
トラック&フィールドがアプローチアングルを確保するために、バンパー下を斜めに切り落として、アンダーガードを装着するのに対し、スポーツ&スタイルでは、フラットなデザインを採用している。好き嫌いはあるだろうが、私はスタイリッシュなスポーツ&スタイルのほうがティグアンというクルマにはお似合いだと思う。

スポーツ&スタイルは、ファブリック&アルカンターラのスポーツシートを標準装備。オプションで、レザーシートやシートヒーターが選べる。
スポーツ&スタイルは、ファブリック&アルカンターラのスポーツシートを標準装備。オプションで、レザーシートやシートヒーターが選べる。

フォルクスワーゲン・ティグアン スポーツ&スタイル(4WD/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る