第87回:漂着サバンナに思う。日本車よ「勝って兜の緒を締めよ!」

2009.04.18 エッセイ

第87回:漂着サバンナに思う。日本車よ「勝って兜の緒を締めよ!」

「日産キャシュカイ」がトップテン入り!

イタリアでも新車登録台数は落ち込んでいる。2009年1月の登録台数は、前年比32%以上のマイナスを記録した。
でもそんな中、日本車は奮闘している。1月は「日産キャシュカイ(日本名:デュアリス)」が3448台を記録し、「オペル・コルサ」「ランチア・イプシロン」「プジョー207」を抜いて7位に入った。「トヨタ・ヤリス(日本名:ヴィッツ)」も、昨年12月のセグメントBクラスで「フィアット・グランデプント」「フォード・フィエスタ」に次ぐ堂々3位を維持している。

イベントでも注目度抜群

日本車といえば、このところヒストリックカーイベントで、古い日本車がひょっこり展示され、衆目を集めることが多い。3月トリノで開催され、本欄では動画でお伝えしたイベント「アウトモトレトロ」でも、思わず「よく漂着してきたなー」と声をあげてしまうような日本車がいた。

まずは「ホンダZ」である。オリジナルトリノナンバーの付いたこの車両は、1972年モデルであるという。輸出仕様のため、エンジンは360ccではなく598cc。ちょっと調べてみるとZは、1972年にイタリアで130万リラのプライスタグが付いていたらしい。当時「フォルクスワーゲン・ビートル1200」が99万5000リラだったのと比べると、1.3倍も高かったことになる。
なお同じ年、イタリアにおけるホンダのラインナップは、この「Z」と「N360」だけであった。

もう1台は、1975年「マツダ818」こと、初代「サバンナ」である。個人的には、フロントマスクがどこか和田アキ子女史の風貌に似ていると思っているモデルだ。当時ロータリーは輸入されていなかったため、エンジンはレシプロの4気筒1272cc版であるが、こちらも新車時からと思われるトリノナンバーが付いている。2000年に物珍しさから購入したという現オーナーによれば、このクルマ、一時はレース用に使われていたものらしい。その証拠に、付いてなかったリヤバンパーを探すのが目下の課題とのことだ。

筆者が住むシエナでもプリウスタクシーの台数が増えてきた。
筆者が住むシエナでもプリウスタクシーの台数が増えてきた。
アウトモトレトロの会場で発見した1972年「ホンダZ」。
アウトモトレトロの会場で発見した1972年「ホンダZ」。
1975年「マツダ818」とオーナー。
1975年「マツダ818」とオーナー。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。