「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」が登場

2009.04.17 自動車ニュース

「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」が登場

「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」が登場

ボルボ・カーズ・ジャパンは2009年4月17日、ステーションワゴンの「V70」をベースとした特別仕様車「ボルボV70 2.5T R-DESIGN」を発売した。


「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」が登場

「洗練さ(Refinement)」をキーワードに、内外装に化粧を施し、スポーティな装備を与えた「R-DESIGN」シリーズも、今回のV70で5車種目となる。

ベースは2.5リッター直5ターボエンジン搭載のエントリーグレード「2.5T LE」。
インテリアは、「R-DESIGN」のロゴを配したスポーツステアリングホイール、アルミパネルや本革スポーツシートなどで、スポーティに装われる。エクステリアにも、専用フロントグリル、ルーフスポイラー、専用デュアルスポーツテールパイプ、18インチホイールをはじめとする各種装備が採用された。

さらに現行V70では初となる、スポーツサスペンションの採用もニュース。専用チューンのダンパーとスプリングで構成され、高いトラクションと操縦安定性を実現するという。セルフレベリング機構も持ち合わせ、荷物積載時にもスポーティな走行ができるよう躾られるのはワゴンならでは。

ボディカラーはブラックサファイヤメタリック、パッションレッド、アイスホワイトの3色を用意。
価格はベース車より45.0万円高の544.0万円となり、50台限定で販売される。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
V70ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.21 試乗記 2017年にボルボが宣言した、近い将来における全モデルの電動化。「V90 T8 Twin Engine AWD インスクリプション」は、その先駆けともいえるプラグインハイブリッド車だ。ボルボの将来を占う“試金石”の出来栄えは?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
ホームへ戻る