「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへ

2009.04.17 自動車ニュース

「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへ

アストン・マーティンは、新型スポーツカー「ラピード」の開発が、最終段階に入ったことを発表した。

「ラピード」は、2006年のデトロイトショーでアストン・マーティンが初めて公開したV12エンジン搭載の「4ドアスポーツ」だ。同社は、北米のショーでラピードのコンセプトカーを発表した後、2007年に親会社がフォードから現在のInvestment Dar and Adeen Investmentに変わるなど、大きな体制変化を経験(関連記事)。しかし、今回の発表では「ラピード」の開発プログラムが順調に進んでいることが報告された。

ラピードは、耐候試験やニュルブルクリンクでのダイナミックテストを経て、現在は耐久試験の途中段階にあるという。2009年後半にはすべてのプログラムが終了する見込みで、同年末に販売が開始される予定となっている。最初の顧客の手元に届けられるのは、2010年初め頃になるようだ。

ラピードは、アストン・マーティン史上初となる4ドアの市販型スポーツカー。後席にもフルサイズのシートを搭載し、「子供ないし大人が短時間の旅行に耐えうるスペース」を確保しているという。

最高出力470ps、最大トルク61.2kgmを発生するV12エンジンは、ドイツ・ケルンにあるアストン・マーティンのエンジン工場で手作業にて組み立てられる。なお、車両の組み立てはオーストリア・グラーツの、マグナ・シュタイアーの関連工場で行われる予定だ。

(webCG 曽宮)

アストン・マーティン・ラピード
アストン・マーティン・ラピード
 
「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへの画像
 
「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへの画像
 
「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラピードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストン・マーティン ラピードS(FR/6AT)【試乗記】 2013.8.30 試乗記 スポーツカー界のサラブレッドたるアストン・マーティンのニューモデル「ラピードS」。558psの4ドアスポーツカーが放つ魅力を堪能した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
ホームへ戻る