「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへ

2009.04.17 自動車ニュース

「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへ

アストン・マーティンは、新型スポーツカー「ラピード」の開発が、最終段階に入ったことを発表した。

「ラピード」は、2006年のデトロイトショーでアストン・マーティンが初めて公開したV12エンジン搭載の「4ドアスポーツ」だ。同社は、北米のショーでラピードのコンセプトカーを発表した後、2007年に親会社がフォードから現在のInvestment Dar and Adeen Investmentに変わるなど、大きな体制変化を経験(関連記事)。しかし、今回の発表では「ラピード」の開発プログラムが順調に進んでいることが報告された。

ラピードは、耐候試験やニュルブルクリンクでのダイナミックテストを経て、現在は耐久試験の途中段階にあるという。2009年後半にはすべてのプログラムが終了する見込みで、同年末に販売が開始される予定となっている。最初の顧客の手元に届けられるのは、2010年初め頃になるようだ。

ラピードは、アストン・マーティン史上初となる4ドアの市販型スポーツカー。後席にもフルサイズのシートを搭載し、「子供ないし大人が短時間の旅行に耐えうるスペース」を確保しているという。

最高出力470ps、最大トルク61.2kgmを発生するV12エンジンは、ドイツ・ケルンにあるアストン・マーティンのエンジン工場で手作業にて組み立てられる。なお、車両の組み立てはオーストリア・グラーツの、マグナ・シュタイアーの関連工場で行われる予定だ。

(webCG 曽宮)

アストン・マーティン・ラピード
アストン・マーティン・ラピード
 
「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへの画像
 
「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへの画像
 
「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへの画像

関連キーワード:
ラピードアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ロールス・ロイス・ドーン(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.13 試乗記 ロールス・ロイスがラインナップする豪華絢爛なドロップヘッドクーペ「ドーン」。全長は5.3m、エンジンは12気筒ツインターボという巨艦でオープンエアを味わうというのは、いったいどのような行為なのか? 類例のないその体験を報告する。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記