「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへ

2009.04.17 自動車ニュース

「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへ

アストン・マーティンは、新型スポーツカー「ラピード」の開発が、最終段階に入ったことを発表した。

「ラピード」は、2006年のデトロイトショーでアストン・マーティンが初めて公開したV12エンジン搭載の「4ドアスポーツ」だ。同社は、北米のショーでラピードのコンセプトカーを発表した後、2007年に親会社がフォードから現在のInvestment Dar and Adeen Investmentに変わるなど、大きな体制変化を経験(関連記事)。しかし、今回の発表では「ラピード」の開発プログラムが順調に進んでいることが報告された。

ラピードは、耐候試験やニュルブルクリンクでのダイナミックテストを経て、現在は耐久試験の途中段階にあるという。2009年後半にはすべてのプログラムが終了する見込みで、同年末に販売が開始される予定となっている。最初の顧客の手元に届けられるのは、2010年初め頃になるようだ。

ラピードは、アストン・マーティン史上初となる4ドアの市販型スポーツカー。後席にもフルサイズのシートを搭載し、「子供ないし大人が短時間の旅行に耐えうるスペース」を確保しているという。

最高出力470ps、最大トルク61.2kgmを発生するV12エンジンは、ドイツ・ケルンにあるアストン・マーティンのエンジン工場で手作業にて組み立てられる。なお、車両の組み立てはオーストリア・グラーツの、マグナ・シュタイアーの関連工場で行われる予定だ。

(webCG 曽宮)

アストン・マーティン・ラピード
アストン・マーティン・ラピード 拡大
 
「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへの画像 拡大
 
「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへの画像 拡大
 
「アストン・マーティン・ラピード」開発はファイナルステージへの画像 拡大

関連キーワード:
ラピードアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11 AMR 2018.5.15 画像・写真 英アストンマーティンは、ハイチューンを施した5.2リッターV12ターボエンジンを搭載する、新たな高性能モデル「アストンマーティンDB11 AMR」を発表した。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る