「ジャガーXF」5リッター直噴V8を搭載して登場

2009.04.17 自動車ニュース

「ジャガーXF」5リッター直噴V8を搭載して登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新エンジンの搭載など一部改良を受けた「XF」シリーズの予約受け付けを、2009年4月21日に開始する。

■直噴+可変バルブタイミング機構を採用

ジャガーXFが、デビュー以来初の仕様変更を受けた。最大の変更点は、V8エンジンの排気量が4.2リッターから5リッターに拡大したこと(関連記事)。これにあわせ、燃料噴射方式がポート噴射式から直噴式に改められ、新たに可変カムシャフトタイミング(可変バルブタイミング機構)が採用された。

「AJ-V8」の第3世代となる新エンジンは、NA版とスーパーチャージャー版の2タイプが用意され、NA版が「5.0 プレミアムラグジュアリー」と「5.0 ポートフォリオ」に、スーパーチャージャー版が「XFR」に搭載される。

出力は従来の4.2リッター(304ps/42.9kgm)と比べ大幅に向上。スペックは、NAが最高出力385ps、最大トルク52.5kgm、スーパーチャージャーは510ps、63.8kgmを発生する。

なお、3リッターV6はこれまで通り、「3.0 ラグジュアリー」と「3.0 プレミアムラグジュアリー」に搭載される。

新たにラインナップに追加された「5.0 ポートフォリオ」は、「5.0 プレミアムラグジュアリー」のさらに上をいく装備が自慢。上質なソフトグレイン電動レザーシート(前席ヒーター&クーラー付き)や、Bowers&Wilkinsプレミアムサラウンド・サウンドシステム、19インチアルミホイールなどが標準装備される。

そして「XFR」には、ダイナミックな専用仕様を多数装備。歴代ジャガーで最もパワフルなスーパーチャージドエンジンに加え、電子制御アダプティブダンピングシステムやアクティブディファレンシャルコントロールにより、スポーティな走りに対応させた。

なお新型XFは、2009年4月21日に予約受付けが開始され、発売は6月17日が予定される。

新ラインナップ&価格は、以下のとおり。

XF 3.0 ラグジュアリー:650万円
XF 3.0 プレミアムラグジュアリー:760万円
XF 5.0 プレミアムラグジュアリー:895万円
XF 5.0 ポートフォリオ:975万円
XFR:1200万円


(webCG 曽宮)


「ジャガーXF」5リッター直噴V8を搭載して登場の画像 拡大
第3世代に進化した「AJ-V8 GenIII」ユニット。
第3世代に進化した「AJ-V8 GenIII」ユニット。 拡大
外観は変更されていない。
外観は変更されていない。 拡大

関連キーワード:
XFジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る