「ジャガーXF」5リッター直噴V8を搭載して登場

2009.04.17 自動車ニュース

「ジャガーXF」5リッター直噴V8を搭載して登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新エンジンの搭載など一部改良を受けた「XF」シリーズの予約受け付けを、2009年4月21日に開始する。

■直噴+可変バルブタイミング機構を採用

ジャガーXFが、デビュー以来初の仕様変更を受けた。最大の変更点は、V8エンジンの排気量が4.2リッターから5リッターに拡大したこと(関連記事)。これにあわせ、燃料噴射方式がポート噴射式から直噴式に改められ、新たに可変カムシャフトタイミング(可変バルブタイミング機構)が採用された。

「AJ-V8」の第3世代となる新エンジンは、NA版とスーパーチャージャー版の2タイプが用意され、NA版が「5.0 プレミアムラグジュアリー」と「5.0 ポートフォリオ」に、スーパーチャージャー版が「XFR」に搭載される。

出力は従来の4.2リッター(304ps/42.9kgm)と比べ大幅に向上。スペックは、NAが最高出力385ps、最大トルク52.5kgm、スーパーチャージャーは510ps、63.8kgmを発生する。

なお、3リッターV6はこれまで通り、「3.0 ラグジュアリー」と「3.0 プレミアムラグジュアリー」に搭載される。

新たにラインナップに追加された「5.0 ポートフォリオ」は、「5.0 プレミアムラグジュアリー」のさらに上をいく装備が自慢。上質なソフトグレイン電動レザーシート(前席ヒーター&クーラー付き)や、Bowers&Wilkinsプレミアムサラウンド・サウンドシステム、19インチアルミホイールなどが標準装備される。

そして「XFR」には、ダイナミックな専用仕様を多数装備。歴代ジャガーで最もパワフルなスーパーチャージドエンジンに加え、電子制御アダプティブダンピングシステムやアクティブディファレンシャルコントロールにより、スポーティな走りに対応させた。

なお新型XFは、2009年4月21日に予約受付けが開始され、発売は6月17日が予定される。

新ラインナップ&価格は、以下のとおり。

XF 3.0 ラグジュアリー:650万円
XF 3.0 プレミアムラグジュアリー:760万円
XF 5.0 プレミアムラグジュアリー:895万円
XF 5.0 ポートフォリオ:975万円
XFR:1200万円


(webCG 曽宮)


「ジャガーXF」5リッター直噴V8を搭載して登場の画像
第3世代に進化した「AJ-V8 GenIII」ユニット。
第3世代に進化した「AJ-V8 GenIII」ユニット。
外観は変更されていない。
外観は変更されていない。

関連キーワード:
XFジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXF 20d ピュア(FR/8AT)/XF 25t プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.26 試乗記 ボディーにアルミニウムを大々的に採用し、先進的なインフォテインメントシステムを搭載するなど、大きく飛躍したジャガーの新型「XF」。2リッターディーゼルエンジン搭載車と、同じく2リッターガソリンエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0 TDI:待ちに待ったクリーンディーゼル 2017.10.26 自動車ニュース 華やかなコンセプトカーや電動化車両があふれる東京ビッグサイトの会場から、自動車ライター生方 聡が選び出したのは、質実剛健が前面に出た「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0 TDI」。その心は?
ホームへ戻る