クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】E500:全長×全幅×全高=4868×1854×1447mm/ホイールベース=2874mm/車重=1830kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC24バルブ(388ps/6000rpm、54.1kgm/2800-4800rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツEクラス(FR/7AT)【海外試乗記(後編)】

高級セダンのあるべき姿(後編) 2009.04.17 試乗記 メルセデス・ベンツEクラス(FR/7AT)

スペイン・マドリッド周辺で行われた新型「Eクラス」の国際試乗会。バラエティに富んだ道でリポーターは、新型の快適性の高さに感銘を受けたという。

Sクラスに近づいた

新型Eクラス国際報道試乗会の舞台は、スペインを代表する大都会マドリッドとその周辺。東京みたいに混んだ市街地をくぐり抜け、高速道路を少し飛ばすと、今度は標高1800mを超えるほどの峠が待っている。セダンの総合的な完成度を試すには、これ以上ないシチュエーションだ。

まず結論から報告すると、これまで「大きいCクラス」だったのが、「小さいSクラス」になった。つまり高級感が格段に増した。先代(W211)はキビキビ感を優先した乗り味だったのに、新型(W212)はどこまでもソフト感覚で、まるで濃い蜜の海を潜航しているような錯覚にとらわれる。まず何より静かで滑らかなのだ。超高速クルージングでも風切り音は非常に低いし、荒れた舗装面で攻めてもタイヤノイズが耳に届きにくい。アクセルを深く踏んだ時のエンジン音も、分厚い壁の向こうから間接的にモモ〜ッと響くだけだ。 

乗り心地も快適で、特に普通に走る時の細かい凹凸の吸収が優れている。目の前にコブがあっても、予想するほどユサユサが来ない。コーナリングも同様で、先代のように鋭く突っ込んでスパッと向きを変えるスポーツセダン感覚ではなく、どこまでも「ま〜るい」身のこなしで、やんわりと曲がってしまう。その点ドライバーによっては、先々代(W210)を思い出すかもしれない。少し合理化(コストダウン)しすぎたと、長年のファンからの批判もあった世代のことで、それだけを聞けば落胆するかもしれない。しかし本質はまったく違う。印象としてはソフトでも、実際にはおそろしいペースで確実にコーナーをこなし、まだまだ余裕たっぷりなのだ。ボディ剛性が35%も向上したのも、この走行感覚に役立っているはず。強固なボディであればあるほど、しなやかなサスペンションも活きる。

E250はかなりオススメ

第一印象がソフトだったのは、最初に最高級仕様のE500に乗ってしまったせいかもしれない。やはりエンジンが大きいだけに、コーナーに突っ込む瞬間ノーズの重さを実感することもある。そこで自慢の新開発4気筒ガソリン直噴ターボを搭載するE250ブルーエフィシェンシーに乗り換えてみたら、サクサク軽快なフットワークに驚かされた。今もし自分で買うなら、迷わずこれを選ぶだろう。204psエンジンの性能も抜群で、パワーがE500の半分などとは、とても信じられない。引っ張っても健やかな感じだが、2000rpmからアクセルを軽く踏んだ時の素直な立ち上がり感も魅力で、わざわざ何回も試したくなる。これだけ実用的なトルクバンドが広ければ、ATが7段でなくても問題ない(というか、実質的な違いを感じない)。諸元表に書かれた出力やトランクリッドの数字など、実際に走る楽しみと関係ないことの、絶好の証拠だ。

そんな余裕の走行感覚だけでなく、いやにSクラス的な雰囲気が濃いと思ったら、室内の仕立てがそうだった。豊富な装備をシンプルにまとめたダッシュボードだけでなく、オーディオ、ナビ、エアコンなどを一括操作するダイヤルがコンソールに付いたし、その隣には車載の電話を使うためのテンキーパッドもある。そしてATのシフトレバーも、今度からはコンソールではなく、Sクラスのようにコラムから生えた“スイッチ”になった。

どのシートに座ってもイイ

Sクラスのような感覚は、リアシートにいても感じる。もちろんSクラスのようなロング仕様はないから、スペースが広々しているわけではないが、快適な乗り心地も静かさも、フロントとまったく差がない。ただしシート自体が少し平らすぎて、コーナーでは意識的に体を支える必要はある。特に上級グレードの場合、フロントのバックレストには自動的なランバーサポートが仕込まれ、ちょっとでも横Gを検出すると、すぐさまググ〜ッと狭く締め上げてくれるから、前後の違いを実際以上に大きく感じる。

注目の安全装備で実際に試せたのは、進化したナイトビジョンだけ。画面はモノクロだが非常に明るく鮮明なので、もしヘッドライトを消したとしても、これだけで運転できてしまいそうだ。しかも人間や動物だけ特に強調するので、暗闇で黒っぽい服を着た歩行者でも、くっきりグレーに浮き上がって確認できるスグレモノ。ただし液晶画面をナビと共用するので、ナイトビジョン使用時に地図を見られないのが惜しい。

ほかにも報告したいことが山ほどある新型メルセデスEクラス、日本でも注目度は抜群で、けっこう売れそうな気はする。不景気だから、これほど内容豊富でもあまり高い価格は付けられないだろうし、円高にも助けられそうだ。Sクラスから節約してEクラスに移るのも、ここまでの完成度を誇る新型なら大いにアリかもしれない。とりあえず当面の問題は、先代の方がスマートに感じられることぐらいだろうか。でも、いつもメルセデスは、最初ウエッと思わせておいて、知らないうちに強引に納得させてしまう、とんでもない感化力があるからなあ。

(文=熊倉重春/写真=メルセデス・ベンツ日本)

関連キーワード:
Eクラス セダンメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事