黒に染まった「フォード・マスタング」限定販売

2009.04.16 自動車ニュース

黒に染まった「フォード・マスタング」限定販売

フォードジャパンは2009年4月15日、スペシャルティクーペ/コンバーチブルの「フォード・マスタング」に、内外装にブラックペイントを施した特別仕様車を発売した。

特別仕様車「マスタング THE BLACK」のベースとなるのは、最上級グレードの「V8GTクーペプレミアム」「V8GTコンバーチブルプレミアム」。その名のとおり、インテリア/エクステリアのカラーリングをブラックに統一、コンバーチブルモデルでは、ブラックのソフトトップも与えられる。さらに、エンジンフードスクープ、サイドスクープのほか、クロームエグゾーストパイプフィニッシャーと専用アルミホイールが特別装備される。エンジンカバーがマスタングのシンボル、ポニーマーク入りとなるのも特徴。

価格はベース車の10万円高の、クーペが470.0万円、コンバーチブルが540.0万円に設定。クーペ13台、コンバーチブル5台の限定販売となる。

(webCG 本諏訪)

 
黒に染まった「フォード・マスタング」限定販売の画像
 
黒に染まった「フォード・マスタング」限定販売の画像
 
黒に染まった「フォード・マスタング」限定販売の画像

関連キーワード:
マスタングマスタング コンバーチブルフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォード) 2017.9.15 画像・写真 2017年のフランクフルトショーに、フォードは人気のスポーツクーペ「マスタング」の2018年モデルを出展した。スポーティーなエクステリアパーツをまとった「エコスポーツSTライン」とともに、写真で紹介する。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • ポルシェ911 RSR/911 GT3 R/911 GT3 Cup【海外試乗記】 2017.9.5 試乗記 デビューイヤーの2017年から、さまざまなレースで高い戦闘力を見せつけている「ポルシェ911 RSR」。レーシングドライバーにして“ポルシェ使い”の田中哲也氏が、レーシング911の走りの最前線をリポートする。
ホームへ戻る