第3のMINI、「コンバーチブル」がデビュー

2009.04.16 自動車ニュース

第3のMINI、「コンバーチブル」がデビュー

BMWジャパンは2009年4月15日、プレミアムコンパクトカー「MINIコンバーチブル」をフルモデルチェンジし、同日販売を開始した。

2007年2月に「ハッチバック」が第2世代にバトンタッチし、2008年3月にエステートボディの「クラブマン」が追加、そしていよいよ旧型が継続販売されていた「コンバーチブル」も新型に生まれ変わる。なお、欧州では2008年11月にすでに発表されている。

発売グレードは、1.6リッター直4の「クーパー」と、同ターボの「クーパーS」という2種。いずれもハッチバックに搭載されているユニットと同型で、トランスミッションは、それぞれに6段ATと6段MTが用意された。

エクステリア/インテリアデザインは、基本的に現行ハッチバックモデルに準ずるもの。
コンバーチブルの特徴となる、ソフトトップの開閉に要する時間は約15秒。30km/h以下であれば、走行時でも開閉が可能になった。従来型同様に、ルーフ前端部分のみを巻き上げる、スライディングルーフ機能も与えられる。なおルーフ開放時には、車内の快適性を高めるため、エアコンが自動的にオープンモードに切り替わるという。オープンにしている時間を計測する「Always Open Timer」が、オプションで用意されるのはユニーク。

オープン化に対応し、安全性の向上も図られた。フロアパネル、Aピラー、サイドシルなどを新設計し衝突安全性を高めたほか、6つのエアバッグ、急ブレーキ時にブレーキ圧を上昇させるブレーキアシスト機能も標準で与えられた。サイドウィンドウの大型化と格納式ロールオーバーバーの採用によって、前後左右の視界向上も謳われる。

ラゲッジスペースは先代モデルより拡大され、ルーフオープン時で170リッター、クローズ時には660リッターとなった。

価格は、MINIクーパーコンバーチブルが299.0万円(6MT)と318.0万円(6AT)、MINIクーパーSコンバーチブルが345.0万円(6MT)と358.0万円(6AT)。

(webCG 本諏訪)


第3のMINI、「コンバーチブル」がデビューの画像 拡大

第3のMINI、「コンバーチブル」がデビューの画像 拡大

第3のMINI、「コンバーチブル」がデビューの画像 拡大

第3のMINI、「コンバーチブル」がデビューの画像 拡大
※ 写真はすべて欧州仕様
※ 写真はすべて欧州仕様 拡大

関連キーワード:
MINIコンバーチブルMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
ホームへ戻る