第3のMINI、「コンバーチブル」がデビュー

2009.04.16 自動車ニュース

第3のMINI、「コンバーチブル」がデビュー

BMWジャパンは2009年4月15日、プレミアムコンパクトカー「MINIコンバーチブル」をフルモデルチェンジし、同日販売を開始した。

2007年2月に「ハッチバック」が第2世代にバトンタッチし、2008年3月にエステートボディの「クラブマン」が追加、そしていよいよ旧型が継続販売されていた「コンバーチブル」も新型に生まれ変わる。なお、欧州では2008年11月にすでに発表されている。

発売グレードは、1.6リッター直4の「クーパー」と、同ターボの「クーパーS」という2種。いずれもハッチバックに搭載されているユニットと同型で、トランスミッションは、それぞれに6段ATと6段MTが用意された。

エクステリア/インテリアデザインは、基本的に現行ハッチバックモデルに準ずるもの。
コンバーチブルの特徴となる、ソフトトップの開閉に要する時間は約15秒。30km/h以下であれば、走行時でも開閉が可能になった。従来型同様に、ルーフ前端部分のみを巻き上げる、スライディングルーフ機能も与えられる。なおルーフ開放時には、車内の快適性を高めるため、エアコンが自動的にオープンモードに切り替わるという。オープンにしている時間を計測する「Always Open Timer」が、オプションで用意されるのはユニーク。

オープン化に対応し、安全性の向上も図られた。フロアパネル、Aピラー、サイドシルなどを新設計し衝突安全性を高めたほか、6つのエアバッグ、急ブレーキ時にブレーキ圧を上昇させるブレーキアシスト機能も標準で与えられた。サイドウィンドウの大型化と格納式ロールオーバーバーの採用によって、前後左右の視界向上も謳われる。

ラゲッジスペースは先代モデルより拡大され、ルーフオープン時で170リッター、クローズ時には660リッターとなった。

価格は、MINIクーパーコンバーチブルが299.0万円(6MT)と318.0万円(6AT)、MINIクーパーSコンバーチブルが345.0万円(6MT)と358.0万円(6AT)。

(webCG 本諏訪)


第3のMINI、「コンバーチブル」がデビューの画像

第3のMINI、「コンバーチブル」がデビューの画像

第3のMINI、「コンバーチブル」がデビューの画像

第3のMINI、「コンバーチブル」がデビューの画像
※ 写真はすべて欧州仕様
※ 写真はすべて欧州仕様
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【海外試乗記】 2016.3.15 試乗記 個性的なスタイリングはそのままに、「MINIコンバーチブル」が3世代目にフルモデルチェンジ。最新のアーキテクチャーが採用された新型の走りいかに? 上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、その実力を確かめた。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2009.7.23 試乗記 ……395万1000円
    総合評価……★★★★★

    ハッチバックから2年遅れでやってきた「MINIコンバーチブル」。ターボエンジン搭載のスポーティグレード「クーパーS」で、オープンエアドライブを試す。
  • MINIクーパーS ロードスター(FF/6AT)【試乗記】 2012.6.6 試乗記 MINIクーパーS ロードスター(FF/6AT)
    ……432万2270円

    MINIブランド6番目のボディーバリエーションとして、2012年春に納車が開始された「MINIロードスター」。シリーズ初となる2シーターオープンの乗り味を、184psを発生する「クーパーS」で試した。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
ホームへ戻る