【スペック】E250CGI ブルー・エフィシェンシー:全長×全幅×全高=4868×1854×1465mm/ホイールベース=2874mm/車重=1650kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(204ps/5500rpm、31.6kg-m/2000-4300rpm)(欧州仕様車)

メルセデス・ベンツEクラス(FR/7AT)【海外試乗記(前編)】

高級セダンのあるべき姿(前編) 2009.04.16 試乗記 メルセデス・ベンツEクラス(FR/7AT)


メルセデス・ベンツの主力車種のひとつ、「Eクラス」の新型にスペインで試乗した。まずは、生まれ変わったエクステリアや、そのモデル構成など、詳細をリポートする。

サイズアップは最小限

「メルセデス・ベンツEクラス」が7年ぶりにフルモデルチェンジを受けた。新型に与えられたコードナンバーはW212。環境問題やエネルギー事情が厳しさを増すなかで、高級セダンがめざす道を暗示する注目作だ。

これまで2世代(W210 とW211)にわたって楕円形のヘッドライトが特徴だったEクラスだが、こんどはガラリと変わって、顔つきが鋭くなった。横から見ても、ちょっとだけ抑揚を強調している。機能に関しては、これまでより屋根を後ろまで平たく延ばし(少しだけ)、そのぶん鴨居が高くなって、リアシートへの乗り降りが楽になったのが特徴だ。

ホイールベース2874mm(先代は2855mm)、全長4868mm(4855mm)、全幅1854mm(1820mm)と、幅が3cm余り広がったほかは、ボディサイズに大きな変化はない。つまり、オーナーが自分でステアリングも握るセダンとしては最大限のクラスになるだろう。そこに新しい味付けの意味もある。何よりも寛ぎと安らぎを叫び、カタログの1ページ目にWelcome Home(おかえりなさい)と書いてあるほどなのだから。乗用車の任務は「人間に楽をさせること」で、その意味では正論の商品企画と言える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る