スバル・レガシィのNA車にSTIバージョン登場

2012.11.13 自動車ニュース
「スバル・レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight tS」
「スバル・レガシィ」にSTIバージョンを追加

「スバル・レガシィ」のNAモデルにSTIバージョン登場

富士重工業のモータースポーツ部門を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2012年11月13日、「スバル・レガシィツーリングワゴン」と「レガシィB4」に独自のスポーティーな味付けを施したコンプリートカー「2.5i EyeSight tS(ティーエス)」を設定し発売した。

「スバル・レガシィB4 2.5i EyeSight tS」
「スバル・レガシィB4 2.5i EyeSight tS」
 
スバル・レガシィのNA車にSTIバージョン登場の画像
 
スバル・レガシィのNA車にSTIバージョン登場の画像

これまでSTIのコンプリートカー「tS」シリーズはターボモデルをベースに展開されてきたが、「2.5i EyeSight tS」は自然吸気モデルがベースとなる。
FB25型2.5リッター水平対向4気筒エンジンの特性に合わせ、各部をチューニング。「運転がうまくなる味付け」(プレスリリース)がされているという。
また同モデルは、「tS」シリーズとしては初めて安全装備「EyeSight」を搭載するのも特徴。

価格は「レガシィツーリングワゴン 2.5i EyeSight tS」が368万5500円。「レガシィB4 2.5i EyeSight tS」が352万8000円。
販売台数は2013年3月12日受注分までの限定300台となる。

「2.5i EyeSight tS」の主要装備

【足まわり/メカニズム】
・STIチューニング ビルシュタイン製フロントダンパー(倒立式)、STI製コイルスプリング
・STIチューニング ビルシュタイン製リアダンパー、STI製コイルスプリング
・STI製18インチ×7 1/2Jアルミホイール
・STI製フレキシブルタワーバー(フロント)
・STI製フレキシブルドロースティフナーフロントLH
・STI製フロントブッシュ、アルミフロントロワアーム
・STI製フレキシブルサポート(リア)
・STI製ピロボールブッシュ、リアサスリンク(ラテラルリンクフロント内側、ラテラルリンクリア内側)
・STI製スポーツマフラー(ツイン、φ65デュアル×2、STIロゴ入り)
・tS対応EyeSight(ver.2)

【エクステリア】
・STI製ルーフスポイラー(ツーリングワゴン)
・STI製トランクスポイラー(B4)
・STI製フロントアンダースポイラー
・専用tSオーナメント(フロント、サイド、リア)
・専用STIオーナメント(リア)

 
スバル・レガシィのNA車にSTIバージョン登場の画像
 
スバル・レガシィのNA車にSTIバージョン登場の画像
 
スバル・レガシィのNA車にSTIバージョン登場の画像

【インテリア、その他】
・専用ルミネセントメーター(STIロゴ入り、260km/h表示)
・専用マルチインフォメーションディスプレイ
・STI製プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
・専用本革巻きステアリングホイール(STIオーナメント入り、赤ステッチ)
・STI製ロゴ入り本革巻きリニアトロニックセレクトレバー
・専用シート:アルカンターラ(グレーパンチング)/本革(ブラック)シート(フロントSTI刺しゅうロゴ入り、赤ステッチ)
・ブラックインテリア(ピラートリム、ルーフトリム、窓肩上トリム類)
・チタンカーボン調加飾パネル
・アルカンターラ加飾ドアトリム(グレーパンチング)
・フロアコンソールボックス(赤ステッチ)
・専用サイドシルプレート(フロント、tSロゴ入り)
・STI製本革アクセスキーカバー(赤色)

(工藤考浩)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る