【スペック】TSIハイライン:全長×全幅×全高=4210×1790×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1340kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ+スーパーチャージャー(160ps/5800rpm、24.5kgm/1500-4500rpm)/価格=312万円(テスト車=341万4000円/RNS510+ETC+Media-in+リアビューカメラ=29万4000円)

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/7AT)/TSIハイライン(FF/7AT)【試乗速報】

基準はさらに上がった 2009.04.14 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/7AT)/TSIハイライン(FF/7AT)

……308万6000円/341万4000円


新型「ゴルフ」に国内初試乗。内外装のデザインをリファインし、インテリアの質感、静粛性の向上が謳われる6代目ゴルフの進化を試す。

フルモデル(デザイン)チェンジ

走り出した瞬間、いや正確にはエンジンをスタートさせた瞬間から、新型「ゴルフ」の進化が伝わってくる。フォルクスワーゲンが「史上最高のゴルフ」と呼ぶのは、決して誇張ではなかった。コンパクトカーのベンチマークとして、つねに時代をリードしてきたゴルフが、フルモデルチェンジを経て、ライバルたちとの差をさらに広げたという印象だ。

そもそも先代の5代目ゴルフは、高い完成度を誇っていた。太いCピラーを特徴とする2ボックススタイルを受け継ぎながら、ゴルフとしては初めてリアマルチリンクサスペンションを採用することで、ハンドリングと乗り心地を一気に向上。
また、デビュー当時、直噴ガソリンエンジン「FSI」と6段ATという組み合わせだったパワートレインを、モデルライフ途中で一新。小排気量過給エンジンの「TSI」を6段または7段のデュアルクラッチギアボックス「DSG」と組み合わせることにより、燃費と走りを見事両立したのだ。

そんな5代目ゴルフのプラットフォームやパワートレインを基本的に踏襲し、細部にまで磨きをかけたのが6代目ゴルフということになる。あまりの手堅さに、フルモデルチェンジとしては面白みに欠けるものの、デザインさえハズさなければ、成功は約束されたようなものだ。

初代「ゴルフ」(右奥)と新型「ゴルフ」。
初代「ゴルフ」(右奥)と新型「ゴルフ」。
【スペック】TSIコンフォートライン:全長×全幅×全高=4210×1790×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1290kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=275万円(テスト車=308万6000円/RNS510+ETC+Media-in+マルチファンクションステアリング+リアビューカメラ=33万6000円)
【スペック】TSIコンフォートライン:全長×全幅×全高=4210×1790×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1290kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=275万円(テスト車=308万6000円/RNS510+ETC+Media-in+マルチファンクションステアリング+リアビューカメラ=33万6000円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/6MT)【試乗記】 2015.10.1 試乗記 280psの高出力エンジンに4WDの駆動方式を組み合わせた「フォルクスワーゲン・ゴルフR」に、6段マニュアルトランスミッション仕様が登場。VWが誇る全天候型ハイパフォーマンスモデルにあえての“人力変速”で乗ることでリポーターが実感したこととは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る