【スペック】TSIハイライン:全長×全幅×全高=4210×1790×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1340kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ+スーパーチャージャー(160ps/5800rpm、24.5kgm/1500-4500rpm)/価格=312万円(テスト車=341万4000円/RNS510+ETC+Media-in+リアビューカメラ=29万4000円)

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/7AT)/TSIハイライン(FF/7AT)【試乗速報】

基準はさらに上がった 2009.04.14 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン(FF/7AT)/TSIハイライン(FF/7AT)

……308万6000円/341万4000円


新型「ゴルフ」に国内初試乗。内外装のデザインをリファインし、インテリアの質感、静粛性の向上が謳われる6代目ゴルフの進化を試す。

フルモデル(デザイン)チェンジ

走り出した瞬間、いや正確にはエンジンをスタートさせた瞬間から、新型「ゴルフ」の進化が伝わってくる。フォルクスワーゲンが「史上最高のゴルフ」と呼ぶのは、決して誇張ではなかった。コンパクトカーのベンチマークとして、つねに時代をリードしてきたゴルフが、フルモデルチェンジを経て、ライバルたちとの差をさらに広げたという印象だ。

そもそも先代の5代目ゴルフは、高い完成度を誇っていた。太いCピラーを特徴とする2ボックススタイルを受け継ぎながら、ゴルフとしては初めてリアマルチリンクサスペンションを採用することで、ハンドリングと乗り心地を一気に向上。
また、デビュー当時、直噴ガソリンエンジン「FSI」と6段ATという組み合わせだったパワートレインを、モデルライフ途中で一新。小排気量過給エンジンの「TSI」を6段または7段のデュアルクラッチギアボックス「DSG」と組み合わせることにより、燃費と走りを見事両立したのだ。

そんな5代目ゴルフのプラットフォームやパワートレインを基本的に踏襲し、細部にまで磨きをかけたのが6代目ゴルフということになる。あまりの手堅さに、フルモデルチェンジとしては面白みに欠けるものの、デザインさえハズさなければ、成功は約束されたようなものだ。

初代「ゴルフ」(右奥)と新型「ゴルフ」。
初代「ゴルフ」(右奥)と新型「ゴルフ」。
【スペック】TSIコンフォートライン:全長×全幅×全高=4210×1790×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1290kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=275万円(テスト車=308万6000円/RNS510+ETC+Media-in+マルチファンクションステアリング+リアビューカメラ=33万6000円)
【スペック】TSIコンフォートライン:全長×全幅×全高=4210×1790×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1290kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(122ps/5000rpm、20.4kgm/1500-4000rpm)/価格=275万円(テスト車=308万6000円/RNS510+ETC+Media-in+マルチファンクションステアリング+リアビューカメラ=33万6000円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る