クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4239×1790×1291mm/ホイールベース=2496mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1300-5000rpm)(欧州仕様車)

BMW Z4 sDrive35i(FR/7AT)【海外試乗記】

「ボクスター」というより「SLK」 2009.04.14 試乗記 BMW Z4 sDrive35i(FR/7AT)


BMWきってのスポーツモデル、新型「Z4」にスペインで試乗。先代を所有していたリポーターは、新型を前に複雑な気持ちを抱いていた……。

デザインの妙

新型Z4を初めて目にしたのは、その“披露宴”が行われた、2009年初めのデトロイトショーでの舞台上だった。照明を浴びるZ4も悪くはないが、このモデルの個性豊かでエキセントリックなルックスは、やはり屋外の自然の陽の光の下で目にすると、さらにグッとくる。試乗会が開かれたのは、スペイン東海岸の町アリカンテ。4月に入ったばかりでも太陽さえ昇れば青空の下、たちまち20度近くになる気候は、なるほどオープンエアモータリングを楽しむにはうってつけのロケーションだ。

国際試乗会のためにズラリと用意されたテストカーは、そのすべてがトップグレード「sDrive35i」で、ツインクラッチの2ペダルMTである7段DCTが組み合わされたモデル。オリジナル比2インチプラスの19インチシューズと、10mmのローダウン化と共に電子制御式の減衰力可変ダンパーを採用する「アダプティブMスポーツシャシー」がオプション装着されていた。
ちなみに、全テスト車の仕様統一はボディカラーまでをも、オリオンシルバーメタリックなる1色にまとめるほどの徹底ぶり。配布されたオフィシャル写真は全てがこの色のモデルで、深みがあってなかなか美しい塗装色だ。しかし一方で、悩みに悩んでモルディブブルーなる水色の旧「Z4」を手に入れた筆者の立場からすると、新型のカラーラインナップに「明るいブルー系」が用意されなかったのはちょっと寂しい……。

全幅とホイールベースはほぼ不変ながら、全長だけが140mmほど延長された新型のルックスは、誰がどこからみても「紛れもないZ4」そのものだ。実は全長延長分のうち120mmはリアのオーバーハング拡大にあてられている。しかし、見た目上はそれを意識させず、むしろロングノーズ/ショートデッキという、Z4ならではの特徴がより強まったようにさえ感じさせるのは、デザインの妙と言うしかないだろう。
さらに言えば、そんなショートデッキの中に、2分割されたハードトップが収まってしまうのもデザイン上のマジック。ルーフ部分が格納されるのはシート後ろのロールオーバーバーの直後からで、短く見えるリアデッキも実はそれなりの長さを備えているのが、このモデルのレイアウトなのだ。

ライトウェイトとは呼べない

全長の延長や電動油圧式リトラクタブルルーフの採用などもあり、「同エンジン比では従来型よりも90〜95kgほど増した」という新型Z4の重量は、「35i」DCT仕様の場合1.6トン。それはもはや、断じてライトウェイトなどと呼べる数字ではないものの、いざアクセルペダルを踏み込めばゴキゲンなサウンドと共に、重さにまつわる懸念を一切忘れさせてくれるのが、このモデルの走りでもある。
すでに「335iクーペ」に搭載済みのツインターボ付き3リッター直噴エンジン+7段DCTという組み合わせのパワーパックは、35iに一級スポーツカーにふさわしい逞しい加速力と、トルコンAT車から乗り換えても違和感を感じさせないスムーズなシフトワークを実現している。スタートの瞬間からアクセルワークに対する加速レスポンスは自然で、ともすればこのクルマの心臓が排気のエネルギーに依存をするターボ付きであることを忘れてしまいそうだ。

一方、長いノーズをその見た目に反して「軽やかに振り回せる」という俊敏性が、従来型に対してわずかながらも後退したという印象は、決して気のせいではなさそうだ。たしかに、現状でもハンドリングのテイストは十分スポーティ。が、それでもやはり時に鼻先が少々重くなったナ、という感覚を意識させられる。

関連キーワード

リトラクタブルルーフが意味するもの

低速域ではまだ路面凹凸に敏感な反応を示す領域が残るものの、そこを過ぎればランフラット構造を忘れさせるしなやかな乗り味を実現させたのは、タイヤ自体の進化と共にテストカーの装着していた減衰力可変ダンパーの効果も大きいはず。そんなフットワークの印象を含め、室内各部の質感や静粛性、果てはドアの閉まり音などがそれぞれ2ランクほども上質になったように感じられるのが新型全般の大きな特徴だ。

ところで、そんな新型Z4最大のトピックである「リトラクタブル式ルーフ」の採用を、どう捉えれば良いだろう?
従来のソフトトップ/クーペという2本立て展開をやめ、リトラクタブル式へと一本化した事に対するBMWの公式コメントは、「従来のクーペのセールスはシリーズ全体の10%にしか及ばず、それを作り分けるのはZ4のボリュームを考えるとあまりに非効率」というもの。しかし、それは同時によりボリュームゾーンを狙うべく、「ボクスターよりはSLK方向に舵を切った」というのと同じ意味であるようにも思えてしまう。
「BMWきってのスポーツモデルだから」という思いで従来型を手に入れた自分にとって、今回の成長は、だからちょっと複雑な思いも避けられない。良くも悪くも、“Z4.5”くらいにまで上質化を果たしたのが、新型Z4なのである。

(文=河村康彦/写真=BMWジャパン)

あなたにおすすめの記事
車買取・中古車査定 - 価格.com