第387回:1000円高速道路、悲喜こもごも
 問題山積みのETC構造にもの申す!

2009.04.13 エッセイ

第387回:1000円高速道路、悲喜こもごも 問題山積みのETC構造にもの申す!


第387回:1000円高速道路、悲喜こもごも もしやこれってある種の人権侵害(だった)かも?

どこが民営化なんだっつーの!

いやはや、俺がしばらく海外に行ってる間にすっかり盛り上がってんのね。上限1000円高速問題。道が混んでるだの、ホントは混んでないだの、実はアクアラインだけだの、一体どっちなんだ〜って感じではあるが、基本的には喜ばしいことだと思っております。

全然混んでない、つまり利用者が増えてないんだとしたら大問題だが、とりあえず高速代が安くなって、ユーザーが多少なりともクルマに乗る喜びを思い出してくれるんならめっけもん。一般道の最高速を80km/hにするっていう改革案と同様、クルマを愛する者としてこれほど喜ばしいことはない。もちろん言うべき文句は言った上でね。

最もアタマにくるのは2年間で約5000億円も投入される税金だ。正直これを聞いたときは耳を疑ったね。どこが民営化なんだ! って。どこの民営企業に、税金投入してもらって新規事業をやるところがあるんだっつーの!(どっかの週刊誌連載みたい(笑))

民営化なんて名ばかりで、実際は完璧に公団のままじゃないか。どの企業だって客が減ったり、事業存続の危機を覚えて新規サービスをやる時には、身を削って、利益を取り崩して行うのがスジ。民営企業に税金投入なんてのは最後の最後の手段で、そのままじゃ会社が潰れて、失業者が増えて困っちゃう場合にのみ行われるものでしょうに。正直あきれかえりましたよ。なんでこんな不条理がまかり通っちゃうんだろうね。この国って。

ようするにこれは与党の政策であって、道路会社の判断、要求じゃないってリクツなんだろうけどね。明らかにヘンだ。たしかにこれで経済効果が5000億円以上あればいい部分もあるが、ちょっとそれは本質とは違う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』