第86回:アテンションプリーズ! 究極の「ごっこ」アイテム発見

2009.04.11 エッセイ

第86回:アテンションプリーズ! 究極の「ごっこ」アイテム発見

用はないけど、カチャカチャ

乗り物好きというのは、車内グッズをついつい家に持ち込みたくなる習性がある。ボクもそのひとりで、整備工場でクルマを修理してもらった時など「外した部品ください!」とお願いしてしまう。

たとえば、先日までボクの部屋にあったのは「ウィンカーレバーのユニット」である。2年前、自分のクルマのハイ/ロービーム切り替えがうまくゆかなくなってしまったときに外した部品だ。新品が入っていたメーカー純正ロゴ入りケースに入れてもらい、持ち帰ってきた。
もらってきたからといって、別に何かに転用するわけではない。仕事机の脇に置いて、片手間にカチャカチャと動かしたり回したりしては、その感触を楽しんでいるのだ。

しかし先日、「整理整頓」「在庫のムダ」とトヨタの工場のようなスローガンが口癖の女房に命令され、泣く泣く燃えないゴミの日に捨てた。

友人を見回してみても、クルマアイテムを家に持ち込んでいるクルマ好きは多い。狭い我が家とは対照的に、広い家に住むイタリア人ゆえ、許されるのだろう。羨ましいかぎりである。
たとえば、ボクの知り合いのイタリア人医師は、隠れ家である自宅脇の作業小屋にスピーカーを設置しているのだが、そのコードを辿ると古いカーラジオに繋がっている。

イタリアでは古いカーラジオを家庭用に改造する人も多し。
第86回:アンテションプリーズ! 究極の「ごっこ」アイテム発見
独エッセンの古典車ショーで。少々わかりにくいがクルマの後では取り外したシートに座って談笑。
第86回:アンテションプリーズ! 究極の「ごっこ」アイテム発見

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。