トヨタ、新型車に搭載予定の安全技術を発表

2012.11.12 自動車ニュース

トヨタ、新型車に搭載予定の安全技術を発表

トヨタ自動車は2012年11月12日、これから発売される新型車に採用予定の3つの安全技術について、その概要を発表した。

まずは、幅広い速度域での追突事故をカバーする「衝突回避支援型プリクラッシュセーフティーシステム(PCS)」。センサーにはミリ波レーダーを使用しており、先行車への追突の危険を検知するとドライバーに警報やディスプレイ表示で警告。ここでブレーキが踏まれた場合、踏む力を強力にアシストすることで、最大60km/hの減速を可能とする(先行車が20km/h、自車が80km/hで走行している場合)。

またブレーキが踏まれなかった場合も、自動で15km/hから30km/h程度の減速を実施。衝突事故の回避を支援してくれる。

続いて、「インテリジェント・クリアランス・ソナー」は、アクセルとブレーキの踏み間違いやアクセルの踏み過ぎなどによる障害物との衝突を緩和するシステム。こちらはセンサーにクリアランスソナーを採用しており、駐車場などでの発進の際、自車の進行方向に壁などを検知するとドライバーに警告。状況によってはエンジンやモーターの出力を制御し、さらに自動的にブレーキをかけて衝突時の被害を軽減する。

三つ目の「ドライブ・スタート・コントロール」も同じような環境下での事故に対応したもの。駐車場などでアクセルを踏んだまま「R」レンジから「D」レンジにシフト変更するなど、通常とは異なるアクセルやシフト操作をした場合、画面表示などでドライバーに警告。エンジンやモーターの制御を通して急発進・急加速を抑制し、被害軽減に寄与してくれる。

(webCG)

衝突回避支援システム「衝突回避支援型PCS」の作動イメージ。追突事故は急減速した先行車など、移動中の車両の間でも数多く発生しており、トヨタでは本システムに高い追突事故低減効果を期待している。
衝突回避支援システム「衝突回避支援型PCS」の作動イメージ。追突事故は急減速した先行車など、移動中の車両の間でも数多く発生しており、トヨタでは本システムに高い追突事故低減効果を期待している。
急発進による衝突時の被害軽減に寄与する「インテリジェント・クリアランス・ソナー」。前進時はもちろん、後退の際にも機能する。
急発進による衝突時の被害軽減に寄与する「インテリジェント・クリアランス・ソナー」。前進時はもちろん、後退の際にも機能する。
低速走行時のシフトミスなどによって生じる事故に備える「ドライブ・スタート・コントロール」。「R」→「D」のほか、「D」→「R」、「N」→「R」、「P」→「D」、「P」→「R」へのシフト変更も想定。
低速走行時のシフトミスなどによって生じる事故に備える「ドライブ・スタート・コントロール」。「R」→「D」のほか、「D」→「R」、「N」→「R」、「P」→「D」、「P」→「R」へのシフト変更も想定。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。