【スペック】全長×全幅×全高=4390×1695×1425mm/ホイールベース=2550mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.3リッター 直4SOHC8バルブ(88ps/5800rpm、12.3kgm/4500rpm)、モーター(14ps/1500rpm、8.0kgm/1000rpm)/価格=189万円(テスト車=217万500円/HDDインターナビシステム+ETC車載器=24万9000円/ホワイトパール=3万1500円)

ホンダ・インサイト G(FF/CVT)【試乗記】

ホンダファンへのアピール 2009.04.08 試乗記 ホンダ・インサイト G(FF/CVT)
……217万500円

ハイブリッドカーの人気は、クルマ好きのあいだでさえも今やスポーツカーのそれを上回る。「プリウス」vs「インサイト」の競争は、80年代における「セリカ」vs「プレリュード」といったところか? 追う立場のホンダは、独自のクルマ造りで巨人トヨタの牙城に挑む。

わかりやすさも魅力のひとつ

近ごろ珍しい大ヒットとなった、ホンダの新型バイブリッド乗用車「インサイト」。2009年2月6日の発売からわずか1カ月で、計画の3倍以上にもなる1万8000台が売れたのだから、最近の経済状況の中では快挙と言うしかない。

好評の理由は、まず値段にありそうだ。ハイブリッドの普通車として初めて200万円を切ったことが、新聞などマスコミでも大きく取り上げられた。トヨタ・プリウスの普及を横目に見ながら、「もう少し安ければ、ハイブリッドを買いたい」と思っていた人たちにとって、これは絶大な魅力に違いない。

でも、それだけが理由かというと、そうでもなさそうだ。いくら安いといっても「189万円から」であって、実際には200万円を超えるグレードの方がたくさん売れている。そこでほかのポイントを探すと、やはり世の中には根強いホンダ・ファンが多いことを忘れてはいけない。そんな人たちにとって、ハイブリッド専用デザインのクルマというのは嬉しいはず。初代インサイトも専用ボディだったが、2シーターだったし、当時はまだハイブリッドが手始めで選びにくかったのは事実だろう。

こんなに環境対策が重要になると、ハイブリッドなど次世代車に乗っているだけで「賢い人」に見える。その点ではシビックハイブリッドは、わかりにくいのが難点だった。新型インサイトは、時代の先端を突っ走る燃料電池車「FCXクラリティ」を連想させたりするあたりも、ホンダファンにとっては大きなアピールになるだろう。もちろん5ナンバーサイズであることも、取り回しの良さや駐車スペースなどの点で魅力に数えられる。

べーシックグレード「G」の主要装備は、フルオートエアコン、燃費などがわかるマルチインフォメーション・ディスプレイ、プライバシーガラス、フロントアクティブヘッドレスト、キーレスエントリーシステムなど。ナビは全グレードでオプション扱いとなる。
べーシックグレード「G」の主要装備は、フルオートエアコン、燃費などがわかるマルチインフォメーション・ディスプレイ、プライバシーガラス、フロントアクティブヘッドレスト、キーレスエントリーシステムなど。ナビは全グレードでオプション扱いとなる。
燃料電池車「FCXクラリティ」を想わせる外観で先進性をアピール。細めヘッドライトのこのマスクは、もはや「ホンダ顔」として定着しつつある?
燃料電池車「FCXクラリティ」を想わせる外観で先進性をアピール。細めヘッドライトのこのマスクは、もはや「ホンダ顔」として定着しつつある?
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る