「トヨタ・ウィッシュ」にエアロなコンプリートカーが登場

2009.04.07 自動車ニュース

「トヨタ・ウィッシュ」にエアロなコンプリートカーが登場

トヨタモデリスタインターナショナルは、2009年4月2日にモデルチェンジした「トヨタ・ウィッシュ」ベースのコンプリートカー、「ウィッシュ エアロツアラー」を同日に発売した。

「ウィッシュ エアロツアラー」は、トヨタ・ウィッシュのスポーティグレード「1.8S」「2.0Z」をベースに、そのエクステリアをさらにスポーティに味付けしたモデルだ。

専用のフロントエアロバンパーおよびグリル、リアバンパーガーニッシュ、さらに“ツインスクエア”専用マフラーカッターなどを付与。
「フロントグリルのワイドに弧を描くレリーフにより、ワイド感と精悍さを強調」するとともに、「リアバンパーと、ツインスクエア(専用マフラーカッター)との一体感が高性能な走りを予感させる」と謳われる。

ボディカラーは白、銀、黒系の3色が用意され、価格は「1.8S」が21万9000円アップして230万9000円(FF)と249万8000円(4WD)。「2.0Z」は25万円アップの273万円となっている。

なお同社では、コンプリートカーのほかに、ウィッシュ用のカスタマイズアイテムも多数リリースしている。

(webCG 関)

「ウィッシュ エアロツアラー」。エアロパーツのぶん、実寸は全長のみ15mm長くなる。
「ウィッシュ エアロツアラー」。エアロパーツのぶん、実寸は全長のみ15mm長くなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウィッシュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る