【スペック】全長×全幅×全高=5110×1895×1440mm/ホイールベース=3065mm/車重=2070kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(430ps/7000rpm、50.0kgm/4750rpm)/価格=1595.0万円(テスト車=1753.1万円)

マセラティ・クアトロポルテS(FR/6AT)【試乗記】

磨かれた艶めき 2009.04.07 試乗記 マセラティ・クアトロポルテS(FR/6AT)
……1753.1万円

フェラーリ譲りのエンジンを積むスポーティサルーン「マセラティ・クアトロポルテ」に、フェイスリフトが施された。ATの採用と同時に加わった上級グレードで感じた、このクルマの魅力とは……。

より精悍な表情に

その華やかさは相変わらず。2004年に日本に上陸した5世代目となる「マセラティ・クアトロポルテ」のエクステリアは、5年が経った今でもまったく色褪せることのない優雅さを湛えている。

2008年秋に行なわれたマイナーチェンジは、その美しさをさらに際立たせるものだ。フロントグリルやバンパー、サイドスカートなどのデザインを刷新し、フロントのポジションランプやテールランプにLEDを採用するなどしたことで、イメージを違えることなく、より精悍な表情をつくりだしている。古さなんて、まだまだ感じさせはしない。

この小変更と同時に投入された新グレードが、「クアトロポルテS」だ。長いノーズの下に収まるV型8気筒ユニットを、従来の4.2リッターから、グラントゥーリズモS用をリファインした4.7リッターに載せ換えたのが、その最大の特徴。赤く塗られたヘッドカバーをもつこのエンジンは、最高出力430ps、最大トルク50.0kgmというスペックを誇る。4.2リッターとの差は30ps、5.0kgmにも及ぶが、求めたのは単純な数字ではない。たとえば2500rpmの段階で最大トルクの8割以上を発生するなど、よりフレキシビリティに富んだ特性を実現し、しかもシリンダーライナーの低摩擦コンパウンド仕上げ、クランクシャフトのバランス取りなど、丁寧な作業によってフィーリングも大幅に向上させているのである。

このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、トランスアクスル式のロボタイズドMTではなく、6段ATとなる。しかし、そのプログラムは4.2リッターモデルよりスポーティ志向の専用品とされている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る