【スペック】全長×全幅×全高=5110×1895×1440mm/ホイールベース=3065mm/車重=2070kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(430ps/7000rpm、50.0kgm/4750rpm)/価格=1595.0万円(テスト車=1753.1万円)

マセラティ・クアトロポルテS(FR/6AT)【試乗記】

磨かれた艶めき 2009.04.07 試乗記 マセラティ・クアトロポルテS(FR/6AT)
……1753.1万円

フェラーリ譲りのエンジンを積むスポーティサルーン「マセラティ・クアトロポルテ」に、フェイスリフトが施された。ATの採用と同時に加わった上級グレードで感じた、このクルマの魅力とは……。

より精悍な表情に

その華やかさは相変わらず。2004年に日本に上陸した5世代目となる「マセラティ・クアトロポルテ」のエクステリアは、5年が経った今でもまったく色褪せることのない優雅さを湛えている。

2008年秋に行なわれたマイナーチェンジは、その美しさをさらに際立たせるものだ。フロントグリルやバンパー、サイドスカートなどのデザインを刷新し、フロントのポジションランプやテールランプにLEDを採用するなどしたことで、イメージを違えることなく、より精悍な表情をつくりだしている。古さなんて、まだまだ感じさせはしない。

この小変更と同時に投入された新グレードが、「クアトロポルテS」だ。長いノーズの下に収まるV型8気筒ユニットを、従来の4.2リッターから、グラントゥーリズモS用をリファインした4.7リッターに載せ換えたのが、その最大の特徴。赤く塗られたヘッドカバーをもつこのエンジンは、最高出力430ps、最大トルク50.0kgmというスペックを誇る。4.2リッターとの差は30ps、5.0kgmにも及ぶが、求めたのは単純な数字ではない。たとえば2500rpmの段階で最大トルクの8割以上を発生するなど、よりフレキシビリティに富んだ特性を実現し、しかもシリンダーライナーの低摩擦コンパウンド仕上げ、クランクシャフトのバランス取りなど、丁寧な作業によってフィーリングも大幅に向上させているのである。

このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、トランスアクスル式のロボタイズドMTではなく、6段ATとなる。しかし、そのプログラムは4.2リッターモデルよりスポーティ志向の専用品とされている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クアトロポルテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る