「トヨタ・クラウン」に2つの特別仕様車

2009.04.06 自動車ニュース

「トヨタ・クラウン」に2つの特別仕様車

トヨタ自動車は、「クラウン」デビュー以来の国内累計販売台数が500万台突破したことを記念した特別仕様車「Anniversary Edition」「Special Edition」を、2009年4月6日に発売した。

■便利装備をそろえた「Anniversary Edition」

「Anniversary Edition」が設定されるのは、2.5、3リッターのロイヤルサルーン/ロイヤルサルーンi-Fourと、2.5と3.5リッターのアスリート、2.5リッターのアスリートi-Fourの7グレード。

全モデルに木目調インストルメントパネル、本革巻き&木目調のステアリングホイール、車名ロゴ入りスカッフプレートを装備。2.5リッターモデルには、ナビパッケージが与えられ、ラゲッジのみの設定だったイージークローザーをフロント/リアドアにも採用する。

ロイヤルシリーズは、プリクラッシュセーフティシステムや、レーダークルーズコントロールを特別装備。アスリートシリーズでは、専用塗装のラジエーターグリルやアルミホイールを装備し、よりスポーティな仕様とされた。

ボディカラーはロイヤル、アスリートそれぞれに特別色1色を含む4色を設定。価格は、ロイヤルが430万円から499万8000円、アスリートは、432万円から487万円となる。

■AV充実の「Special Edition」

「Special Edition」は、2.5リッターのロイヤルサルーン/ロイヤルサルーンi-Fourと2.5リッターアスリート/アスリートi-Fourの4グレードで設定される。

ナビゲーションシステムや音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニター、クラウンスーパーライブサウンドシステムなど、“ナビパッケージ”の装備を厳選して採用。また、ステアリングスイッチや、地上デジタルTVチューナー、さらに一部グレードにはNAVI AI-AVS(ナビ協調機能付減衰力サスペンション)が備わる。

価格は、ロイヤルが399万円から436万円、アスリートは405万円から438万円となる。

(webCG ワタナベ)

クラウン 2.5アスリート“Anniversary Edition”
「トヨタ・クラウン」に2つの特別仕様車

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン アスリートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
  • トヨタ・プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.27 試乗記 発売以来、好調な販売が伝えられる新型「トヨタ・プリウス」。トヨタ最新の開発コンセプト「TNGA」にのっとって作られた4代目の実力やいかに? 最上級グレード「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の試乗を通し、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスAプレミアム(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.27 試乗記 個性的なデザインをまとって登場した、新型「トヨタ・プリウス」。では、実際に乗ってみたら? 新開発シャシーをベースに磨きぬいたという走りの質や、快適性について報告する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る