「トヨタ・クラウン」に2つの特別仕様車

2009.04.06 自動車ニュース

「トヨタ・クラウン」に2つの特別仕様車

トヨタ自動車は、「クラウン」デビュー以来の国内累計販売台数が500万台突破したことを記念した特別仕様車「Anniversary Edition」「Special Edition」を、2009年4月6日に発売した。

■便利装備をそろえた「Anniversary Edition」

「Anniversary Edition」が設定されるのは、2.5、3リッターのロイヤルサルーン/ロイヤルサルーンi-Fourと、2.5と3.5リッターのアスリート、2.5リッターのアスリートi-Fourの7グレード。

全モデルに木目調インストルメントパネル、本革巻き&木目調のステアリングホイール、車名ロゴ入りスカッフプレートを装備。2.5リッターモデルには、ナビパッケージが与えられ、ラゲッジのみの設定だったイージークローザーをフロント/リアドアにも採用する。

ロイヤルシリーズは、プリクラッシュセーフティシステムや、レーダークルーズコントロールを特別装備。アスリートシリーズでは、専用塗装のラジエーターグリルやアルミホイールを装備し、よりスポーティな仕様とされた。

ボディカラーはロイヤル、アスリートそれぞれに特別色1色を含む4色を設定。価格は、ロイヤルが430万円から499万8000円、アスリートは、432万円から487万円となる。

■AV充実の「Special Edition」

「Special Edition」は、2.5リッターのロイヤルサルーン/ロイヤルサルーンi-Fourと2.5リッターアスリート/アスリートi-Fourの4グレードで設定される。

ナビゲーションシステムや音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニター、クラウンスーパーライブサウンドシステムなど、“ナビパッケージ”の装備を厳選して採用。また、ステアリングスイッチや、地上デジタルTVチューナー、さらに一部グレードにはNAVI AI-AVS(ナビ協調機能付減衰力サスペンション)が備わる。

価格は、ロイヤルが399万円から436万円、アスリートは405万円から438万円となる。

(webCG ワタナベ)

クラウン 2.5アスリート“Anniversary Edition”
クラウン 2.5アスリート“Anniversary Edition” 拡大

関連キーワード:
クラウン アスリートクラウン ロイヤルトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る