第85回:シャンゼリゼ放浪記 青ライオンの誠実さにホロリ

2009.04.04 エッセイ

第85回:シャンゼリゼ放浪記 青ライオンの誠実さにホロリ

ボクもアンノン族

海外に長年住んでいる人というのは、日本を出た時点で時間が止まっている人が多い。女性の場合それは、メイクや髪型などに現れる。
海外にときおり「ザ・ピーナッツ」やオノ・ヨーコのような髪型の日本女性がいるのは、その時代に日本を離れたことを表している。

男性の場合は発する言葉で、日本脱出年代がわかる。たとえば以前会った長年南米で暮らす紳士の口からは、「モーレツ」というフレーズが何度も飛び出した。日本がめざましい成長過程にあった1969年に、丸善ガソリンのTVコマーシャルで小川ローザが発したのが「オー・モーレツ!」。1960年代後半を象徴する言葉である。

いっぽう欧州在住のある先生は、「アンノン族」という言葉を多用する。女性ファッション誌『an・an』や『non・no』の旅行企画を読んで、一人旅する女性を指す。1970年代後半から80年代初頭の流行語である。先生の略歴を拝見したら、やはり1980年代にこちらに来ていた。

前置きが長くなったが、そういうボクも結構「アンノン族」に近いことを、今でもやっている。
今年2月パリで行われたヒストリックカーイベント『レトロモビル』を訪れたときも、取材が終わったならとっとと帰ればいいのに、ついふらふらと彷徨してしまった。今回はそのときに出会った、いくつかの衝撃事象を紹介する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。