「EXILE」の携帯待ち受けをゲット!「EXILE×WISH」プロジェクト

2009.04.03 自動車ニュース

「EXILE」の携帯待ち受けをゲット!「EXILE×WISH」プロジェクト

トヨタ自動車は、新型「ウィッシュ」の発売にあたり、「EXILE」とのコラボ企画「EXILE×WISH」プロジェクトを開始した。

「EXILE×WISH」プロジェクトは、「トヨタ・ウィッシュ」と、ウィッシュのCMソングを担当する「EXILE」とのコラボ企画。「強く思い続けることで、願いはかなう」というポリシーで活動を続けるEXILEと、WISH(=願い)をかけあわせ「願いに向かって進んでいくことを応援する」というプロジェクトだ。

2009年4月2日、東京・台場「MEGA WEB」で行われた新型「ウィッシュ」の発表会には、EXILEのリーダーHIROさん、ボーカルのATSUSHIさんとTAKAHIROさんがゲストで登場。プロジェクトへの思いを語るとともに、ステージに置かれたウィッシュのボンネットに、「Love Dream Happiness」のメッセージとサインを残した。

「EXILE×WISH」スペシャルサイトでは、みんなの願い「I WISH ○○○」を募集中。願いを送るとEXILEのオリジナル携帯待ち受け画像がダウンロードできるという。また、集まった願いのメッセージをもとに、このプロジェクトに賛同した若手アーティスト達が、楽曲を制作し発表する予定もあるとか。

さらに、EXILEが歌うウィッシュのCMソング「Someday」(ウィッシュバージョン)の着うた(R)をプレゼントするキャンペーンも実施。入手方法は、全国ネッツ店にあるプレゼントカードからアクセスする。こちらは、10万枚の限定配布で、なくなり次第終了とのこと。希望の方はお早めに。

詳しくは、「EXILE×WISH」プロジェクト
http://toyota.jp/wish

(webCG ワタナベ)

発表会場にゲスト出演した「EXILE」のATSUSHIさん(左)、HIROさん(中)、TAKAHIROさん(右)。
発表会場にゲスト出演した「EXILE」のATSUSHIさん(左)、HIROさん(中)、TAKAHIROさん(右)。 拡大
リーダーのHIROさんは、「僕達も夢を持つことの大切さを伝える活動をしているので、ウィッシュと一緒にこのプロジェクトを盛り上げたい」と語った。
リーダーのHIROさんは、「僕達も夢を持つことの大切さを伝える活動をしているので、ウィッシュと一緒にこのプロジェクトを盛り上げたい」と語った。 拡大
サイン入りのウィッシュは、お台場「MEGA WEB」に展示される。
サイン入りのウィッシュは、お台場「MEGA WEB」に展示される。 拡大
スペシャルサイトでは、EXILEメンバー14名の願いも見られる。
スペシャルサイトでは、EXILEメンバー14名の願いも見られる。 拡大

関連キーワード:
ウィッシュトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード エグゼクティブラウンジS(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.16 試乗記 あたりを払うかのような見た目の迫力と、使い勝手に優れた装備で人気のミニバン「トヨタ・アルファード」がマイナーチェンジ。2列目が“主役”のトップグレード「エグゼクティブラウンジS」に試乗し、最新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る