ハミルトンにオーストラリアGP失格の裁定、トゥルーリ3位復活【F1 09】

2009.04.03 自動車ニュース

【F1 09】ハミルトンにオーストラリアGP失格の裁定、トゥルーリ3位復活

2009年4月2日、国際自動車連盟(FIA)により、F1開幕戦オーストラリアGPの結果が再び変更された。ペナルティによる25秒加算で3位から12位に降格したヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)が3位に復活。一方で繰り上げ3位に喜んだルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)は失格となった。

この騒動は、オーストラリアGPレース終盤のセーフティカーラン中に起きた、3位トゥルーリと4位ハミルトンの間の追い抜きに端を発する。セーフティカー先導中のオーバーテイクはご法度でレース直後に行われた審議の結果、トゥルーリがハミルトンを追い抜いたことにより罰を受けるというものだった。

しかし第2戦マレーシアGP直前、さらなる証拠が出たということで再び審議され、今回のハミルトンの失格とトゥルーリの復活という結末が導き出された。
その理由は、ハミルトンのレース後の証言、メディアインタビューでの発言と、新証拠の間で矛盾があるということ。証拠とはマクラーレンチームの無線会話とされ、故意にトゥルーリをおとしめる意図が認められると判断された。これに対し、マクラーレンは控訴しない構えという。

ブラウンGPのデビューウィンにはじまった期待感あふれるシーズンに、早速ケチがついてしまったのは残念である。

(文=bg)

オーストラリアGPを走る、トヨタのヤルノ・トゥルーリ(写真手前)。
ハミルトンにオーストラリアGP失格の裁定、トゥルーリ3位復活【F1 09】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。