「アバルト500」いよいよ発売

2009.04.02 自動車ニュース

「アバルト500」いよいよ発売

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2009年4月2日、コンパクトカー「フィアット500」ベースのスポーツモデル「アバルト500」を発表。4月18日に発売する。

■アバルトブランド第2弾

2007年に設立された新生「アバルト」から、「フィアット500」ベースの「アバルト500」がリリースされた。すでに発売の「アバルト・グランデプント」に続く、アバルトブランド第2弾となる。2009年の年初に、お披露目が「インポートオートサロン2009」会場で行われたのは記憶に新しい。

エクステリアでは、開口部の大きいフロントバンパーや、ディフューザー一体型のリアバンパー、リアルーフスポイラーなどがノーマルモデルとの違いをアピール。インテリアには、レッド/ブラックの専用デザインレザーシートと、Dシェイプのレザーステアリングホイールなど、スポーティな装備が与えられた。

エンジンは1.4リッター直4DOHCにターボチャージャーを付けたもの。最高出力135ps/5500rpmと、最大トルク18.4kgm/4500rpmを発生する。さらにダッシュボードの「SPORT」スイッチをオンにすると、オーバーブースト機能が働き、最大トルクは21.0kgm/3000rpmに増大する。
組み合わされるトランスミッションは5段マニュアル。ターボブースト計には「シフトアップインジケーター(LED)」を内蔵、通常は燃費効率を高め、「SPORT」モードではよりスポーティな走行ができるシフトタイミングを知らせる。

さらに、走りにこだわるアバルトがこのクルマに与えたのは、TTC(トルクトランスファーコントロール)。激しいコーナリングなどで内輪が空転した際、これにブレーキをかけるという、LSD同様の機能を持たせたデバイスだ。

安全装備は、前席エアバッグを含む7つのエアバッグをはじめ、アンチスピンデバイスのESP、坂道発進を助けるヒルホールドシステムなどが、すべて標準で与えられる。

日本仕様は右ハンドルで、価格は295.0万円。全国のアバルトディーラーで販売される。

(webCG 本諏訪)

 
「アバルト500」いよいよ発売の画像
 
「アバルト500」いよいよ発売の画像
 
「アバルト500」いよいよ発売の画像
(注:写真はすべて「インポートオートサロン2009」で撮影した欧州仕様車)
(注:写真はすべて「インポートオートサロン2009」で撮影した欧州仕様車)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
ホームへ戻る