アルファ・ロメオ8Cスパイダーが日本上陸

2009.04.02 自動車ニュース

アルファ・ロメオ8Cスパイダーが日本上陸

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、アルファ・ロメオの最上級オープン「8Cスパイダー」の予約受付けを開始した。

■アルファ・ロメオの最上級オープン

「8Cスパイダー」は、2008年3月のジュネーブショーでベールを脱いだ、アルファ・ロメオの最上級オープンカー。2007年にデビューし、瞬く間に完売したという「8Cコンペティツィオーネ」の派生モデルで、約20秒で開くソフトトップをもつ。

このソフトトップは、外側に多層織りのクロスを使用。内側には遮音性に優れた素材を使用することで、優れた耐候性の実現と、クローズド時での静粛性向上を図った。

カーボンファイバーを用いたボディパネルや、ブレンボ製のカーボンセラミック(CCM)ブレーキにより軽量化が図られているのは、8Cコンペティツィオーネと同じ。エンジンも変更はなく、最高出力450psを発生する4.7リッターV8を搭載。トランスミッションは、ATモード付き6段シーケンシャル「Qセレクト」が組み合わされる。

ボディカラーは、アルファレッドが標準。オプションでコンペティツィオーネレッド、シェルホワイト、マグネシウムグレー、ライトブルーを選ぶこともできる。

8Cコンペティツィオーネは世界500台限定のリミテッドエディションで、日本への割り当ては70台。デリバリー開始は、2010年4月以降が予定されている。価格は、2650万円から。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
アルファ8Cコンペティツィオーネアルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ」にFRの右ハンドル仕様が登場
    2018.1.12 自動車ニュース FCAジャパンは2018年1月12日、スポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ」に右ハンドル仕様を追加設定し、同年1月20日に発売すると発表した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る