アルファ・ロメオ8Cスパイダーが日本上陸

2009.04.02 自動車ニュース

アルファ・ロメオ8Cスパイダーが日本上陸

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、アルファ・ロメオの最上級オープン「8Cスパイダー」の予約受付けを開始した。

■アルファ・ロメオの最上級オープン

「8Cスパイダー」は、2008年3月のジュネーブショーでベールを脱いだ、アルファ・ロメオの最上級オープンカー。2007年にデビューし、瞬く間に完売したという「8Cコンペティツィオーネ」の派生モデルで、約20秒で開くソフトトップをもつ。

このソフトトップは、外側に多層織りのクロスを使用。内側には遮音性に優れた素材を使用することで、優れた耐候性の実現と、クローズド時での静粛性向上を図った。

カーボンファイバーを用いたボディパネルや、ブレンボ製のカーボンセラミック(CCM)ブレーキにより軽量化が図られているのは、8Cコンペティツィオーネと同じ。エンジンも変更はなく、最高出力450psを発生する4.7リッターV8を搭載。トランスミッションは、ATモード付き6段シーケンシャル「Qセレクト」が組み合わされる。

ボディカラーは、アルファレッドが標準。オプションでコンペティツィオーネレッド、シェルホワイト、マグネシウムグレー、ライトブルーを選ぶこともできる。

8Cコンペティツィオーネは世界500台限定のリミテッドエディションで、日本への割り当ては70台。デリバリー開始は、2010年4月以降が予定されている。価格は、2650万円から。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
アルファ8Cコンペティツィオーネアルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • Nissan GT-R50 by Italdesign 2018.6.29 画像・写真 日産とイタルデザインが初の共同開発モデルとなるプロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開。日産のGT-Rシリーズとイタルデザインの誕生50周年を記念したもので、独自のデザインだけでなく、高められた動力性能も特徴となっている。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
ホームへ戻る