アルファ・ロメオ8Cスパイダーが日本上陸

2009.04.02 自動車ニュース

アルファ・ロメオ8Cスパイダーが日本上陸

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、アルファ・ロメオの最上級オープン「8Cスパイダー」の予約受付けを開始した。

■アルファ・ロメオの最上級オープン

「8Cスパイダー」は、2008年3月のジュネーブショーでベールを脱いだ、アルファ・ロメオの最上級オープンカー。2007年にデビューし、瞬く間に完売したという「8Cコンペティツィオーネ」の派生モデルで、約20秒で開くソフトトップをもつ。

このソフトトップは、外側に多層織りのクロスを使用。内側には遮音性に優れた素材を使用することで、優れた耐候性の実現と、クローズド時での静粛性向上を図った。

カーボンファイバーを用いたボディパネルや、ブレンボ製のカーボンセラミック(CCM)ブレーキにより軽量化が図られているのは、8Cコンペティツィオーネと同じ。エンジンも変更はなく、最高出力450psを発生する4.7リッターV8を搭載。トランスミッションは、ATモード付き6段シーケンシャル「Qセレクト」が組み合わされる。

ボディカラーは、アルファレッドが標準。オプションでコンペティツィオーネレッド、シェルホワイト、マグネシウムグレー、ライトブルーを選ぶこともできる。

8Cコンペティツィオーネは世界500台限定のリミテッドエディションで、日本への割り当ては70台。デリバリー開始は、2010年4月以降が予定されている。価格は、2650万円から。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファ8Cコンペティツィオーネの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る