【スペック】全長×全幅×全高=4720×1795×1440mm/ホイールベース=2765mm/車重=1800kg/駆動方式=FR/6.2リッターV8DOHC32バルブ(457ps/6800rpm、61.2kgm/5000rpm)/価格=1044万円(テスト車=1052万4000円/メタリックペイント8万4000円)

メルセデス・ベンツC63 AMG(FR/7AT)【試乗記】

守旧派(?)スーパーセダン 2009.04.02 試乗記 メルセデス・ベンツC63 AMG(FR/7AT)
……1052万4000円
2008年、過去最高の販売台数を記録したメルセデスAMG。その中でも一番人気なのが末っ子モデル「C63 AMG」。「Cクラス」に6.2リッターV8エンジンを積んだハイパフォーマンスモデルに試乗し、その魅力を探る。

人気の理由は穏やかさ

米国発の金融危機が世界中を大不況に陥れた2008年、AMGのグローバルの販売台数は2万4200台で、前年比19%増を達成したという。なかでも新興国での伸びが著しく、ブラジルはなんと565%、中国では260%アップを記録したそうだ。

1000万円以上の超高価格車が不況と無縁だったのは過去の話で、今回は大きく業績を落としているブランドもある。なのにAMGにとっては「どこ吹く風」だった。とりわけ今回乗った「C63AMG」の販売台数は8100台で、AMG全体の3分の1を占める。

なにが人々を引きつけるのか。週末をともにすることで、理由はある程度理解できた。そのひとつが、6.2リッターV8、457ps/61.2kgmという壮絶なエンジンを積みながら、フツーの「Cクラス」と同じ感覚で運転できることだ。
4720×1795×1440mmというサイズは、他のCクラスと比べて少しだけ長く、幅広く、低いだけ。エアロパーツやワイドフェンダーで武装しているが、同レベルの性能を持つスポーツカーに比べれば圧倒的におとなしい。

キャビンはステアリング、メーター、シートなどを専用仕立てにしているけれど、基本的にはCクラスの延長線上にある。バケットシートの座り心地はガチガチではなく、サイドの張り出しもほどほどで、乗り降りしやすいし快適に過ごせる。

AMG専用デザインのステアリングはパドルシフト付き。メーターパネルもAMG専用だ。
メルセデス・ベンツC63 AMG(FR/7AT)【短評】
前席には、セミバケットタイプのAMG専用スポーツシートが備わる。
メルセデス・ベンツC63 AMG(FR/7AT)【短評】
デュアルツインのクロームエグゾーストエンド。
メルセデス・ベンツC63 AMG(FR/7AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る