第165回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?

2012.11.13 エッセイ

第165回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?

世界耐久選手権(WEC)第7戦「富士6時間耐久レース」(2012年10月12日〜14日、富士スピードウェイ)では見事、トヨタの「TS030ハイブリッド」が2台の「アウディR18 e-tron クワトロ」を抑えて優勝をさらったが、そのすぐ下ではプライベーター参戦ながら4位と7位を獲得したチームがあった。「ローラB12/60」のシャシーにトヨタエンジンを搭載したレベリオン・レーシングである。レベリオンとはどんなチームなのか。同チーム、そしてエースドライバーを務めるニコラ・プロストにインタビューした。

2011年シーズンから「ローラ・トヨタ」で参戦

世界耐久選手権(WEC)は、その名のとおり、世界中のサーキットを転戦するイベントであり、年間8戦の中にはセブリングやスパ・フランコルシャン、「偉大なる草レース」と言われるルマン24時間耐久レースが組み込まれている。そしてこの日本で「WEC JAPAN」が開催されたのは、実に24年ぶりのことなのであった。

レースはルマン常勝メイクスであるアウディが「R18 e-tron クワトロ」を2台走らせ、これをトヨタが「TS030ハイブリッド」で迎え撃つ、LMP1ワークス頂上決戦が最大の見どころ。ご承知のとおり、トヨタが見事優勝をさらったが、そのすぐ下ではプライベーター参戦ながら4位と7位を獲得したチームがあった。「ローラB12/60」のシャシーにトヨタエンジンを搭載したレベリオン・レーシングである。今回は、そのチームとドライバーにインタビューすることができた。

インタビューに答えてくれたのは、レベリオン・レーシングのコミュニケーション・ディレクターであるステファン・ジェルヴェ氏。ここからは一問一答形式でご紹介しよう。

――レベリオン・レーシングはいつからレースを始めたのですか?

レベリオンとしては2010年からです。しかしチームとしては、1995年から活動していました。2004年のルマンシリーズではポルシェでクラス優勝し、2008年からLMP2へ。2010年にトヨタがLMP1車両へのエンジン提供を検討していたとき、シャシーコンストラクターであるローラがわれわれをトヨタに紹介してくれました。そこから今の体制が続いています。

――F1やDTM、FIA-GTなどさまざまなカテゴリーがある中で、なぜ耐久レースを選んだのですか?

一番の理由はコストです。F1に比べてコストがかからず、レベルの高いレースができる。世界でも注目されているレースがWECだと思います。
F1からのテクノロジーの移植も多いですよ。また、われわれのチームにもF1で活躍したエンジニアがいます。マクラーレンでアイルトン・セナのエンジニアを担当していたジェームス・ロビンソンや、ジョン・ジェントリーがそうです。彼らのおかげで、この5年間チームは急速に成長することができました。
そしてチーム全員が「レースに参加している」という気持ちになれることが、耐久レースの何よりの魅力です。

WEC富士6時間レースでは、プロスト/ジャニ組が駆るレベリオン・レーシング12号車が、LMP1クラスの総合4位に輝いた。
第164回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?

第164回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?
チームのコミュニケーション・ディレクターを務めるステファン・ジェルヴェ氏。
第164回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?
レベリオン・レーシングとは、アレクサンダー・ペシ氏が運営するスイスのレーシングチーム。ペシ氏はケーブルコネクターのメーカーである「LEMO」の社長を務める人物でもあり、若い頃からモータースポーツに熱心だったという。またその土地柄か時計にも造詣が深く、2007年には自らのブランドを立ち上げてしまった程のマニア。「レベリオン」こそがそのブランド名であり、WEC JAPANではLMP1マシンの側面に「反乱」という漢字をあしらっていた。
第164回:ニコラ・プロストにインタビュー WEC富士6時間レースで善戦したレベリオン・レーシングとは?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ