第91回:「webCGプリウス」、よりエコな走りへ

2009.04.01 エッセイ

第91回:「webCGプリウス」、よりエコな走りへ

『webCG』編集部の足として活躍すること、早5年半。10万kmを駆けぬけた「webCGプリウス」は、3回目のタイヤ交換を迎えた。


第90回:「webCGプリウス」、よりエコな走りへ
約3万kmの仕事を終えた、「ダンロップ・ルマンLM703」。スリップサインこそ出ていないが、ショルダー部はかなり摩耗していた。
第90回:「webCGプリウス」、よりエコな走りへ

“旧型”だってエコでいたい!

「ホンダ・インサイト」や新型「トヨタ・プリウス」の話題で世間は賑わっていますが、2003年のデビューとほぼ同時に導入された「webCGプリウス」は、まだまだ現役。

しかし「ウェット時の発進で、よくスリップする」という言葉が、webCGこんどーから発せられることが多くなった。「アクセル踏みすぎでは……」というツッコミは置いておいて、タイヤが減っているのはたしか。時には撮影機材を山ほど積み、さまざまなスタッフによる過酷な(?)運転に耐えながら、3万kmのマイレージを重ねているのだから。

ということで、衣替えに合わせてのタイヤ交換を決心した。
今回のタイヤ選びで考慮したのは、時代の流れに逆らわず「エコ」。すでに“旧型”と呼ばれてもおかしくない「webCGプリウス」だって、まだまだエコな走りができるんだ! と、主張したいわけで。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ