日産、減税措置適合車を大幅に拡大

2009.04.01 自動車ニュース

日産、減税措置適合車を大幅に拡大

日産自動車は、「環境対応車普及促進税制」の適合車種を拡充し、2009年4月23日から順次販売を開始する。

■自動車取得税と自動車重量税が最大75%減税に

日産自動車は2009年3月31日、「環境対応車普及促進税制」の適合車種拡充を発表した。「環境対応車普及促進税制」とは、排出ガスと燃費が一定の基準を満たしている車種に対し、新規登録時の自動車取得税と自動車重量税を優遇する措置で、2009年4月1日から施行されている。

日産自動車では、適合車種を新たに7車種増やし、計13車種に拡大。これらを「ニッサン ECO」シリーズと称し、展開していく。該当車種は、取得税と重量税が50%または75%減税される。なお、従来の「グリーン税制」(自動車税の減税)も引き続き適用される。

新たに減税の対象となった車種は、「キューブ」「ノート」「ティーダ」「ティーダラティオ」「ウイングロード」「エクストレイル」「セレナ」の7車種。

このほか既存モデルの「マーチ」「ラフェスタ」「AD/ADエキスパート」「ピノ」「プレサージュ」「オッティ」についても減税対象となる。

前記のキューブからセレナまでの7車種に施された改良内容は、エンジンとCVTの制御変更、オルタネーター回生制御、空気抵抗の低減、カーウイングスナビゲーション装着車への「エコドライブ支援」など(車種により改良点は異なる)。

今回改良を受けた7車種のうち、「キューブ」「ノート」「ウイングロード」「エクストレイル」は、2009年4月23日に発売。「ティーダ」と「ティーダラティオ」は、5月19日に販売が開始される。

(webCG 曽宮)

新税制では、自動車取得税と自動車重量税が減税対象となる。日産自動車では適合車を「ニッサンECO」シリーズと呼び、展開していく。
新税制では、自動車取得税と自動車重量税が減税対象となる。日産自動車では適合車を「ニッサンECO」シリーズと呼び、展開していく。 拡大
「ノート」のCVT搭載車は、10.15モード燃費で20.0km/リッターを達成。自動車取得税が75%、自動車取得税が75%それぞれ減税される。
「ノート」のCVT搭載車は、10.15モード燃費で20.0km/リッターを達成。自動車取得税が75%、自動車取得税が75%それぞれ減税される。 拡大
「エクストレイル」のクリーンディーゼル車は「次世代環境車」に区分けされ、自動車取得税と自動車重量税が全額免除される。
「エクストレイル」のクリーンディーゼル車は「次世代環境車」に区分けされ、自動車取得税と自動車重量税が全額免除される。 拡大

関連キーワード:
キューブノートティーダティーダラティオエクストレイルウイングロードセレナマーチラフェスタプレサージュオッティ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第92回:“クルマらしくない”のが奥深い 2018.5.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第92回は「“クルマらしくない”のが奥深い」。元日産の中村史郎氏インタビューの結びとして、日本的自動車デザインについて考える。日本のユーザーが“良し”とするデザインとは?
  • 第94回:依存症が止まらない 2018.6.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第94回は「依存症が止まらない」。“もうすぐおじいちゃん”を自認する筆者が、「コレなしでは生きていけない」と言い切る生活必需品とは? 食べ物からクルマまで、ムリなく前進するためのこだわり生活を解剖する。
  • 第93回:高齢者の免許返納義務化は是か非か 2018.6.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第93回は「高齢者の免許返納義務化は是か非か」。増え続ける高齢者の事故、その解決策は免許返納しかないのか!? クルマと運転を愛するカーマニアとして、筆者が期待する未来のクルマ社会とは? 
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える? 2018.5.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第91回は「日本独自のクルマ観は世界を変える?」。元日産・中村史郎氏インタビュー第6弾。国産車が90%以上を占める日本市場、その特殊な環境から生まれた強みとは!? グローバル視点で考える。
ホームへ戻る