【スペック】全長×全幅×全高=4520×1770×1450mm/ホイールベース=2640mm/駆動方式=FF/2.0リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、18.9kgm/4500rpm)/車両本体価格=299.0万円(テスト車=307.0万円 ※注)

ボルボV50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【ブリーフテスト】

ボルボV50 2.0e パワーシフト(FF/6AT) 2009.04.01 試乗記 ……307.0万円
総合評価……★★★★

これまでボルボワゴンに食指を動かされながらも、345万円からという価格をネックと感じていたユーザーにとって、本命といえそうなモデルが登場した。
※注 テスト車は、先行生産車両につき、市販仕様と一部装備が異なる。具体的には、ハイパフォーマンスオーディオ、(市販仕様はスタンダードパフォーマンスオーディオ)、オーディオリモコン、本革巻きステアリング(市販仕様はウレタンステアリング)、シートヒーター、助手席高さ調整機能&ランバーサポート、ルーフレールは、市販仕様には設定されない。ただし「2.0e アクティブ」(339.0万円)には、上記のアイテムが標準で装備される。
ボルボV50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【ブリーフテスト】

300万円を切った

北欧のプレミアムブランドがグンと身近になってきた。手頃なサイズのエステートモデルとして人気を集めるV50に、2リッター直列4気筒エンジンとデュアルクラッチギアボックスの6段「パワーシフト」を搭載し、300万円をギリギリ切る値段のエントリーグレードが追加されたからだ。

エントリーグレードといってもそこはボルボ、安全装備に手抜きはない。肝心の走りっぷりも不満を感じるどころか、これで十分と思わせる性能。上級グレードに比べると装備などに見劣りする部分は確かにあるが、ボルボのある生活を手軽に始めたいという人には、魅力的な選択肢といえるのではないか。このV50 2.0eパワーシフトがボルボ・ファンの裾野を広げるのは確実だろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る