装備変更で「ポロGTI」に純正ナビが復活

2012.11.13 自動車ニュース

装備変更で「ポロGTI」に純正ナビが復活

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年11月13日、新たに純正ナビを設定するなど、「ポロGTI」の装備を一部変更した。

今回の変更では、DSRC車載器(ETC機能+ITSスポット対応システム)付きの純正ナビゲーションシステム「712SDCW」が新たにオプション設定された。このナビでは、パソコンからSDカードにダウンロードした最新の地図情報を利用することが可能。初回利用から2年間、利用者は無償で地図を更新できる。

当初、「ポロGTI」には「RNS510」と呼ばれる純正ナビが設定されていたが、ナビの機種変更に伴い、一時的にカタログから落ちた。以降、カーナビはディーラーオプションとして扱われていたが、ふたたび“純正ナビ”が復活することになった。

このほかの変更点として挙げられるのは、17インチアルミホイールのデザイン。表面の塗装がツートーン仕上げとなった。

車両価格は295万円。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ポロGTI」
「フォルクスワーゲン・ポロGTI」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る