装備変更で「ポロGTI」に純正ナビが復活

2012.11.13 自動車ニュース

装備変更で「ポロGTI」に純正ナビが復活

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年11月13日、新たに純正ナビを設定するなど、「ポロGTI」の装備を一部変更した。

今回の変更では、DSRC車載器(ETC機能+ITSスポット対応システム)付きの純正ナビゲーションシステム「712SDCW」が新たにオプション設定された。このナビでは、パソコンからSDカードにダウンロードした最新の地図情報を利用することが可能。初回利用から2年間、利用者は無償で地図を更新できる。

当初、「ポロGTI」には「RNS510」と呼ばれる純正ナビが設定されていたが、ナビの機種変更に伴い、一時的にカタログから落ちた。以降、カーナビはディーラーオプションとして扱われていたが、ふたたび“純正ナビ”が復活することになった。

このほかの変更点として挙げられるのは、17インチアルミホイールのデザイン。表面の塗装がツートーン仕上げとなった。

車両価格は295万円。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ポロGTI」
「フォルクスワーゲン・ポロGTI」 拡大

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に充実装備の特別仕様車 2018.6.8 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に、充実した装備が魅力の特別仕様車「ダイナミック」が登場した。MT仕様とDSG仕様の両方が用意されるが、前者については販売台数は100台のみ。またMTモデルのゴルフGTIはこれが最終仕様となる。
  • フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場 2018.6.8 自動車ニュース フォルクスワーゲンが新型「ポロGTI」を日本に導入。新型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、200psの最高出力と320Nmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段DSGで、トルクベクタリング機能や可変ダンパーなどが標準装備される。
ホームへ戻る