装備変更で「ポロGTI」に純正ナビが復活

2012.11.13 自動車ニュース

装備変更で「ポロGTI」に純正ナビが復活

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年11月13日、新たに純正ナビを設定するなど、「ポロGTI」の装備を一部変更した。

今回の変更では、DSRC車載器(ETC機能+ITSスポット対応システム)付きの純正ナビゲーションシステム「712SDCW」が新たにオプション設定された。このナビでは、パソコンからSDカードにダウンロードした最新の地図情報を利用することが可能。初回利用から2年間、利用者は無償で地図を更新できる。

当初、「ポロGTI」には「RNS510」と呼ばれる純正ナビが設定されていたが、ナビの機種変更に伴い、一時的にカタログから落ちた。以降、カーナビはディーラーオプションとして扱われていたが、ふたたび“純正ナビ”が復活することになった。

このほかの変更点として挙げられるのは、17インチアルミホイールのデザイン。表面の塗装がツートーン仕上げとなった。

車両価格は295万円。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・ポロGTI」
「フォルクスワーゲン・ポロGTI」

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗速報】 2010.6.4 試乗記 フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)
    ……273.0万円

    5代目「ポロ」の大本命、1.2リッターTSI搭載モデルが日本上陸。まずは上級モデルの走りを、箱根で試した。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
ホームへ戻る