【スペック】全長×全幅×全高=4415×1795×1475mm/ホイールベース=2625mm/車重=1490kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(300ps/6200rpm、35.7kgm/2800-6000rpm)/価格=315万円(テスト車=340万2000円/HDDナビゲーションシステム=25万2000円)

スバル・インプレッサ WRX STI A-Line(4WD/5AT)【試乗記】

見た目は同じだけど…… 2009.03.30 試乗記 スバル・インプレッサ WRX STI A-Line
……340万2000円
「インプレッサWRX STI」にATモデルが追加された。2.5リッターエンジンを組み合わせた新グレード「A-Line」に試乗。その走りとは。

排気量アップ、価格はダウン

スバルは、WRC撤退を決めたことで、いい意味で気持ちの切り替えができたのかもしれない。2009年2月「スバル・インプレッサWRX STI」のマイナーチェンジとともに追加された「A-Line」は、現行WRX系初の2ペダルであるうえに、水平対向4気筒の排気量をWRCのレギュレーションに準じた2リッターから2.5リッターに拡大していたからだ。

スポーツカーであっても2ペダルを用意するのは、世界的な趨勢である。ライバルの「三菱ランサーエボリューションX」もデュアルクラッチMTを導入している。だからAT追加は当然といえるけれど、そこに2リッターではなく、あえて扱いやすい性格の2.5リッターを組み合わせた点に好感がもてる。

実はこのエンジン、欧米向けのSTIに積まれているものだ。300ps/35.7kgmというスペックは、2リッターSTIの308ps/43.0kgmには及ばないけれど、昨年発売された「レガシィアウトバック2.5XT」の265ps/35.7kgmは上回る専用チューンである。

それ以外では、4WDシステムがDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)式から電子制御のVTD-AWDになるとともに、リアLSDはトルセンからビスカスに、フロントシートはアルカンタラ/本革からファブリック/合成皮革のコンビにチェンジしている。ブレンボ製ブレーキキャリパーやフロント・ヘリカルLSDが省かれるという違いもある。だけど、エクステリアは18インチのホイール/タイヤを含めて共通だ。

気になる価格は315万円で、大排気量エンジンとATを搭載しながら、2リッター(368万5500円)より50万円以上安い。これはお買い得だ! と多くの人が思っただろう。僕も同じ気持ちを抱きつつ、クルマをスタートさせた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
ホームへ戻る