第386回:おめでとう侍ジャパン&がんばれNAVIチームゴウ!!
ルマンとWBCにみるコージの勝手にカントク論

2009.03.27 エッセイ

第386回:おめでとう侍ジャパン&がんばれNAVIチームゴウ!!ルマンとWBCにみるコージの勝手にカントク論

2009年6月13日にスタートする「ルマン24時間耐久レース」に挑戦する、「NAVIチームゴウ」の加藤哲也監督(右)と。
第386回:おめでとう侍ジャパン&がんばれNAVIチームゴウ!!ルマンとWBCにみる、コージの勝手にチーム監督論

原手法はある意味宗教的?

いや−、ついに勝っちゃいましたねぇ、WBC見事2連覇! おめでとうございます!! 久々に野球をマジメに、手に汗握って一打席一打席、一球一球観させていただきました。ありがとう! 楽しかった〜。
改めて観ると野球ってホントに面白いのね。サッカーももちろん楽しいけど、野球のほうがプロセスが細かくて、同じ無得点でもストーリーがわかりやすい。逆に冗長に過ぎちゃうこともあるんだけどさ。
で、WBCと同じように今回の上限1000円高速料金で、“クルマってホントに面白いのね!”ってなるといいんだけどなぁ。でもまあ、今回は野球を観るというより、“日本人”を応援したのか? ようするにナショナリズムパワー。つくづく自分の中に眠るアイデンティの問題を考えさせられますわ。

ってなわけで前置きが長くなったけど、今回は“チーム監督”のお話。まずWBCからいうと、今回勝てたのは単純に選手の力だと思う。もの凄かった。原監督は原監督でたいへんご苦労されたとは思うけど、賛否両論ではないだろうか。勝てたからよかった! 勝ったら官軍! という見方もあるんだろうけど、私見では今回イチローはやはり序盤、途中で外すべきだったと思う。最後に劇的に打てたのまさしく結果オーライ。というか、準決勝、決勝と調子が上向いていただけで、これで“イチローの大会だった”と結論づけたら、未来に繋がらない気がする。

もちろん、過去現在未来通じて最高とも言える日本人プロ野球選手だけに、外すのが難しいのもわかる。だが、監督とはそういうものではない。プライドをある程度残しつつ、刺激を与えるという役割もあるはずだ。
たとえば負けても敗者復活があり得るラウンド1やラウンド2で、勝ち試合の6回以降に“休ませる”名目で交代させる。もちろん先発の立場はキープ。それだけでも十分彼は刺激を受けたろう。

たしかにイチローがいたほうが士気が高まるという見方もあるんだろうけど、それは結果論であって、最後に打つまで彼は今回ほとんどチャンスで打ててなかった。それはそれでドラマチックはドラマチックだし、流れとしてネタになるのもわかる。だが、これで負けてたら、出られなかった他の選手は、果たしてどう思ったんだろうか。

選手起用を理由に、前回負けて批判された星野監督のことはすっかり忘れちゃったのかなぁ。やはり監督は、今旬の選手を選んで、調子を見極めて使っていくのが王道でしょう。特に短期決戦ではね。その点、今回の原監督は、全体としては素晴らしかったのかもしれないが、要所要所ではかなりイマイチ。
具体的にはサッカーでいう天才ヒディング監督の足元にも及ばない。彼の場合、選手起用法はまさにマジックであり、ミラクルだ。短期決戦における監督は、こうあるべきという見本のような人材だと思う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』