BMWの最上級セダン「7シリーズ」、5代目がデビュー

2009.03.24 自動車ニュース
新型「BMW750Li」
BMWの最上級セダン「7シリーズ」、5代目がデビュー

BMWの最上級セダン「7シリーズ」、5代目がデビュー

BMWジャパンは2009年3月24日、フラッグシップセダン「7シリーズ」の新型を日本に導入、販売を開始した。

長い鼻先と後ろ寄りのキャビンが印象的なサイドビュー。ルーフ、ドア、エンジンフード、フロントフェンダーなどをアルミ製とすることで、軽量化が図られた。
長い鼻先と後ろ寄りのキャビンが印象的なサイドビュー。ルーフ、ドア、エンジンフード、フロントフェンダーなどをアルミ製とすることで、軽量化が図られた。
BMWの最上級セダン「7シリーズ」、5代目がデビューの画像

■サイズ変わらず、押し強く

既報のとおり、欧州で2008年11月にデビューした新型BMW7シリーズが、日本上陸をはたした。
5代目となるニューモデルは、「存在感」「際立ったスポーツ性」「明確なエレガンス」がデザインのキーワード。他のBMW車でもおなじみの4灯式ヘッドランプやL字型テールランプを備えつつ、BMWの特徴であるキドニーグリルを大型化するなどして押し出し感を演出。前後バンパー部に水平のクロームバーを添え、ワイド感も強調した。
実際の寸法は、全長×全幅×全高=5070×1900×1490mmで、ホイールベースは3070mm(740i)。先代モデルに比べれば全長が30mm長くなったに過ぎないが、ホイールベースは80mmも延びている。

一方、インテリアは、前席部分はセンターコンソールが運転席側を向くドライバーオリエンテッドなデザイン。クロームで縁取られ照明にもこだわったメーターパネルなどが高級感を添える。対する後席は高級セダンらしいゆとりを追求し、ホイールベースを140mm延長したロングバージョン「Li」グレードもラインナップする。

740i/740Liに搭載される、3リッター直6ツインターボエンジン。2010年には、ハイブリッドモデルがラインナップに加わる予定だ。
BMWの最上級セダン「7シリーズ」、5代目がデビュー

■ターボエンジン2本立て

日本市場向けのエンジンは、「740i/740Li」に搭載される3リッター直6ツインターボエンジン(326ps/5800rpm、45.9kgm/1500-4500rpm)と、上級グレード「750i/750Li」の4.4リッターV8ツインターボエンジン(407ps/5500rpm、61.2kgm/4500rpm)の二本立て。それぞれ先代の4リッターV8(740i)、6リッターV12(760Li)に匹敵するトルクを発生しながら、10・15モードの燃費値で勝るなど、パワーと環境性能の両立を図ったという。なお、組み合わされるトランスミッションは、全車6段ATだ。

足まわりは、フロントサスペンションをマクファーソン・ストラットからダブルウイッシュボーン式に変更。リアは「インテグラルVリア・アクスル」と呼ばれるマルチリンク式が基本で、ロングホイールベース版にはエアサスペンションが標準で備わる。
「インテグレイテッドアクティブステアリング」と呼ばれる、車速順応型の操舵システムも注目のメカニズムだ。60km/h以下では前輪と逆方向に後輪を最大3度まで操舵。最小回転半径が0.7mも小さくなる。逆に80km/h以上では、後輪に最大3度まで前輪と同方向の舵角を与え、高速走行における車線変更時などの走行安定性を高めるという。

ロングバージョンの後席。9.2インチモニターと独立型iDriveコントローラーを備えるエンターテインメントシステムは、オプションで選べる。
ロングバージョンの後席。9.2インチモニターと独立型iDriveコントローラーを備えるエンターテインメントシステムは、オプションで選べる。
リアビュー。マフラーエンドは全車、レクサス車に見られるようなバンパーインタイプになっている。
リアビュー。マフラーエンドは全車、レクサス車に見られるようなバンパーインタイプになっている。

■揉まれる観られる、リアシート

安全装備の充実ぶりは、フラッグシップならではといったところ。見通しの悪い路地などで視認性を高めるサイドビューカメラや、ステアリングホイールを振動させて車線の逸脱をドライバーに警告するレーンディパーチャーウォーニング、夜間に300メートル先の人や動物を捉えられるナイトビジョンなどがオプションで用意される。
さらに、マッサージ機能や左右独立型のエンターテインメントシステムもオプションで選択可能。後席の住人に快適な空間を提供する。

価格は、以下のとおり。

・「740i」:1010.0万円
・「740Li」:1080.0万円
・「750i」:1200.0万円
・「750Li」:1330.0万円

(webCG 関)

関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る