メルセデスGクラス、「30周年記念モデル」登場

2009.03.23 自動車ニュース
メルセデス・ベンツG55 AMGロング
メルセデスGクラスが改良「30周年記念モデル」登場

メルセデスGクラス、「30周年記念モデル」登場

メルセデス・ベンツ日本は2009年3月23日、「メルセデス・ベンツGクラス」を一部改良し、「30周年記念モデル」として販売を開始した。

G550ロング
G550ロング

メルセデスGクラス、「30周年記念モデル」登場の画像

メルセデスGクラス、「30周年記念モデル」登場の画像

■G500がG550へと進化

今回の変更は、「Gクラス」の誕生30周年を記念し行われた。定評ある堅牢な基本設計はそのままに、エンジンや外装の一部に改良を実施。その進化版が「30周年記念モデル」として販売されることになった。

このアニバーサリーモデルの最大の変更点は、エンジン。従来の「G500ロング」が搭載する5リッターV8SOHCから新世代の5.5リッターV8DOHCに換装され、「G550ロング」として生まれ変わった。これにより出力は91psアップ、エンジンスペックは最高出力387ps/6000rpm、最大トルク54.0kgm/2800-4800rpmとなった。

高性能版「G55 AMG」は、エンジン自体は従来と変わらないが、エンジンマネージメントシステムの改良により、出力が7psアップ。エンジンスペックは、最高出力507ps/6100rpm、最大トルク71.4kgm/2750-4000rpmとなった。

ちなみにG550とG55 AMGは、リッター表記ではどちらも5.5リッターで同じだが、エンジンそのものは別物。両者はボア・ストロークが異なり、総排気量はG550が5461ccであるのに対し、G55 AMGは5438cc。また、バルブの駆動方式(G55 AMGはSOHC)や、過給機の有無(G55 AMGはスーパーチャージャー付き)も違う。なお、トランスミッションは、G550には7段AT、G55 AMGには5段ATが組み合わされる。

■顔と足もとを化粧直し

外観上の変更点としては、フロントグリルが最新のメルセデスサルーンと同様に、ルーバータイプへと改められたのがポイント。またホイールも新デザインに変更された。

装備面では、最新型のHDDナビゲーションシステム、地デジ対応テレビ、音楽CDの楽曲を録音できるミュージックレジスターなどを統合操作できる「コマンドシステム」へと進化。機能性の向上が図られた。

価格は、G550ロングが従来のG500比で97.0万円高となる1327.0万円、G55 AMGは従来比70.0万円高の1740.0万円。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
ホームへ戻る