メルセデスGクラス、「30周年記念モデル」登場

2009.03.23 自動車ニュース
メルセデス・ベンツG55 AMGロング
メルセデスGクラスが改良「30周年記念モデル」登場

メルセデスGクラス、「30周年記念モデル」登場

メルセデス・ベンツ日本は2009年3月23日、「メルセデス・ベンツGクラス」を一部改良し、「30周年記念モデル」として販売を開始した。

G550ロング
G550ロング

メルセデスGクラス、「30周年記念モデル」登場の画像

メルセデスGクラス、「30周年記念モデル」登場の画像

■G500がG550へと進化

今回の変更は、「Gクラス」の誕生30周年を記念し行われた。定評ある堅牢な基本設計はそのままに、エンジンや外装の一部に改良を実施。その進化版が「30周年記念モデル」として販売されることになった。

このアニバーサリーモデルの最大の変更点は、エンジン。従来の「G500ロング」が搭載する5リッターV8SOHCから新世代の5.5リッターV8DOHCに換装され、「G550ロング」として生まれ変わった。これにより出力は91psアップ、エンジンスペックは最高出力387ps/6000rpm、最大トルク54.0kgm/2800-4800rpmとなった。

高性能版「G55 AMG」は、エンジン自体は従来と変わらないが、エンジンマネージメントシステムの改良により、出力が7psアップ。エンジンスペックは、最高出力507ps/6100rpm、最大トルク71.4kgm/2750-4000rpmとなった。

ちなみにG550とG55 AMGは、リッター表記ではどちらも5.5リッターで同じだが、エンジンそのものは別物。両者はボア・ストロークが異なり、総排気量はG550が5461ccであるのに対し、G55 AMGは5438cc。また、バルブの駆動方式(G55 AMGはSOHC)や、過給機の有無(G55 AMGはスーパーチャージャー付き)も違う。なお、トランスミッションは、G550には7段AT、G55 AMGには5段ATが組み合わされる。

■顔と足もとを化粧直し

外観上の変更点としては、フロントグリルが最新のメルセデスサルーンと同様に、ルーバータイプへと改められたのがポイント。またホイールも新デザインに変更された。

装備面では、最新型のHDDナビゲーションシステム、地デジ対応テレビ、音楽CDの楽曲を録音できるミュージックレジスターなどを統合操作できる「コマンドシステム」へと進化。機能性の向上が図られた。

価格は、G550ロングが従来のG500比で97.0万円高となる1327.0万円、G55 AMGは従来比70.0万円高の1740.0万円。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る