第385回:スクープ! アクアラインは半額でできた? “脱クルマ”シンポジウムで出た衝撃の発言

2009.03.23 エッセイ

第385回:スクープ! アクアラインは半額でできた?“脱クルマ”シンポジウムで出た菅直人議員の衝撃の発言

つくづく「道=カネ」の世界……

例の高速料金“上限1000円”の話にしろ、若者のクルマ離れの話にしろ、最近の日本のクルマ問題はつくづく道と警察の体質にあるなぁと思っている私、不肖・小沢コージ。
先日、第二東京弁護士会が〜クルマ社会を考える〜「真に必要な道」を問う、というマジメなシンポジウムをやったのでちょいと行ってみました。

ちなみに第二東京弁護士会さんはずっと日本の道路問題を追っており、そのほか野生動物の保全問題や自衛隊問題とかも扱っていて、要するに人権派なのね。いまだこういう公的機関があって安心しました。すべての内容がステキかはわかりませんけど。

さて今回の目玉は、やはりパネラーである民主党の菅直人議員と、同じく民主党の道路関係のスペシャリスト馬淵澄夫議員、さらにそのライバル……というかこちらとしてはライバルであって欲しい(笑)、自民党の山本有二議員の3人。これに国土交通省や道路会社の人が加われば完璧だと思ってたんだけど、司会の方によれば「お願いしたけど欠席」で、菅議員によれば「逃げられました(笑)」だそうな。でも、これだけでも十分に豪華なキャストだろう。

話はけっこう率直で基本、日本の高速道路代が高すぎることや、新規道路建設の問題やコンパクトシティの話、さらに田舎の道路の問題を取り上げててなかなか良かった。でも、それより思い知らされたのは、議員とか官庁とか、そういう“公”の人たちの頭にある道路のイメージだ。つくづく、彼らの頭の中では「道=カネ」。だからこそ話題になるし、人が動くわけよね。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』