【スペック】全長×全幅×全高=3871×1829×1835mm/ホイールベース=2317mm/車重=1360kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(105ps/5750rpm)/欧州仕様車:現地価格=1万6990ユーロ(約220万円)

ルノー・カングービーバップ(FF/5MT)【海外試乗記】

短いだけのクルマじゃない 2009.03.23 試乗記 ルノー・カングービーバップ(FF/5MT)

2007年フランクフルトショーにコンセプトカーとして出展された「ルノー・カングービーバップ」。欧州では市販モデルが街を走り始めた。後方にスライディングルーフを採用した新しいカングーはどんなクルマなのか。フランスからのリポート。

こんな時代だからこそ

日本で販売されるルノー車の中で一番売れているのは……そう、「カングー」である。あのダサ可愛いスタイリングと両側スライドドアの実用性、居住性とたっぷりな荷室、ファミリーからビジネスまで広い守備範囲を見事にカバーしているのは、いかにも合理主義の国フランスのクルマらしい。

そのカングーが2代目へとフルモデルチェンジし、欧州では2008年1月に発売となった。ニューカングーは、プラットフォームが「クリオ(日本名ルーテシア)」から「セニック」にクラスアップしたことから、ボディサイズが全長4213mm、全幅1829mm、全高1799mmと大きくなった。数字ではピンとこないかもしれないが、全幅1829mmは、「トヨタ・アルファード」や「ホンダ・エリシオン」とほぼ同じだから、実車を見たらかなり大きいと感じるはずだ。
口の悪いカングーファンは親しみをこめて“デカングー”と愛称をつけたりしているが、実用性は損なわれることなく引き継がれている。

さて、多くのカングーファンが待ち望んでいたコンセプトモデル「BeBop(ビーバップ)」がフランスでリリースされた。市販モデルはコンセプトをほぼ踏襲し、革新的なコンパクトサイズ(全長3871mm)に印象的なツートーンカラーとインテリアで、その強烈な個性を際立たせている。カングーと車幅は同じだが、全長は342mm短く、全高は39mm高い。

ルノーのプレスリリースなどでは全くふれていないが、多くのフランス人に対し「ビーバップ」という名称は、フリージャズを連想させるようだ。
初代の発売以来10年を経て、2代目に生まれ変わったニューカングーが、あくまで実用、合理主義を貫いたスタンダードなものなら、ビーバップは、その乗用車としての快適性と商用車としてのユーティリティを知り抜いたデザイナーが、アドリブしまくってデザインしたクルマなのかもしれない。

今のような時代だからこそ、地味で、エコで、おとなしくまとまったクルマは魅力に乏しい。その点ビーバップは、クルマは本来、自由で楽しい走る移動空間であることをあらためて思い知らせてくれるのだ。

新型「カングー」
新型「カングー」
 
ルノー・カングービーバップ(FF/5MT)【海外試乗記】の画像
 
ルノー・カングービーバップ(FF/5MT)【海外試乗記】の画像
 
ルノー・カングービーバップ(FF/5MT)【海外試乗記】の画像
関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.25 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール」の中でも、“最高峰モデル”とされる「トロフィー」に試乗。専用チューンのエンジンや足まわりを吟味しつつワインディングロードを走らせてみると、ルノースポールならではの職人技が見えてきた。
ホームへ戻る