【スペック】全長×全幅×全高=3871×1829×1835mm/ホイールベース=2317mm/車重=1360kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(105ps/5750rpm)/欧州仕様車:現地価格=1万6990ユーロ(約220万円)

ルノー・カングービーバップ(FF/5MT)【海外試乗記】

短いだけのクルマじゃない 2009.03.23 試乗記 ルノー・カングービーバップ(FF/5MT)

2007年フランクフルトショーにコンセプトカーとして出展された「ルノー・カングービーバップ」。欧州では市販モデルが街を走り始めた。後方にスライディングルーフを採用した新しいカングーはどんなクルマなのか。フランスからのリポート。

こんな時代だからこそ

日本で販売されるルノー車の中で一番売れているのは……そう、「カングー」である。あのダサ可愛いスタイリングと両側スライドドアの実用性、居住性とたっぷりな荷室、ファミリーからビジネスまで広い守備範囲を見事にカバーしているのは、いかにも合理主義の国フランスのクルマらしい。

そのカングーが2代目へとフルモデルチェンジし、欧州では2008年1月に発売となった。ニューカングーは、プラットフォームが「クリオ(日本名ルーテシア)」から「セニック」にクラスアップしたことから、ボディサイズが全長4213mm、全幅1829mm、全高1799mmと大きくなった。数字ではピンとこないかもしれないが、全幅1829mmは、「トヨタ・アルファード」や「ホンダ・エリシオン」とほぼ同じだから、実車を見たらかなり大きいと感じるはずだ。
口の悪いカングーファンは親しみをこめて“デカングー”と愛称をつけたりしているが、実用性は損なわれることなく引き継がれている。

さて、多くのカングーファンが待ち望んでいたコンセプトモデル「BeBop(ビーバップ)」がフランスでリリースされた。市販モデルはコンセプトをほぼ踏襲し、革新的なコンパクトサイズ(全長3871mm)に印象的なツートーンカラーとインテリアで、その強烈な個性を際立たせている。カングーと車幅は同じだが、全長は342mm短く、全高は39mm高い。

ルノーのプレスリリースなどでは全くふれていないが、多くのフランス人に対し「ビーバップ」という名称は、フリージャズを連想させるようだ。
初代の発売以来10年を経て、2代目に生まれ変わったニューカングーが、あくまで実用、合理主義を貫いたスタンダードなものなら、ビーバップは、その乗用車としての快適性と商用車としてのユーティリティを知り抜いたデザイナーが、アドリブしまくってデザインしたクルマなのかもしれない。

今のような時代だからこそ、地味で、エコで、おとなしくまとまったクルマは魅力に乏しい。その点ビーバップは、クルマは本来、自由で楽しい走る移動空間であることをあらためて思い知らせてくれるのだ。

新型「カングー」
新型「カングー」
 
ルノー・カングービーバップ(FF/5MT)【海外試乗記】の画像
 
ルノー・カングービーバップ(FF/5MT)【海外試乗記】の画像
 
ルノー・カングービーバップ(FF/5MT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る