第83回:ジュネーブショーよもやま話 「コンパニオンのウロコ!?」と「世界一カッコいい男」

2009.03.21 エッセイ

第83回:ジュネーブショーよもやま話「コンパニオンのウロコ!?」と「世界一カッコいい男」

「i」があふれる会場

2009年3月15日に閉幕したジュネーブモーターショーの入場者数は、前年比9.3%減の64万8000人。主催者の事前予想は70万人と、昨年よりもやや少なく見積もっていたが、それをも下回ったかたちだ。
しかしショーとしては、今回も十分楽しませていただいた。
話題のモデルについてはさまざまなメディアで紹介されているので、本稿ではそれ以外の風景を切り取ることで、親愛なる読者の皆さんに会場のムードを宅配して差し上げたいと思う。

まず気になったのは、「i」を使ったネーミングの多さである。既存モデル、量産車、コンセプトカーを含めると「iQ」(トヨタ)や「i MiEV」(三菱)「i20」(ヒュンダイ)、「ix-onic」(ヒュンダイのコンセプトカー)、「iChange」(Rinspeed社の電気自動車のコンセプトカー)ときたもんだ。
どれが先発でどれが後発などと目くじらをたてて議論するのはともかく、その背景にあるのはやはり「iPod」の成功であろう。

ついでにいうと、フォルクスワーゲンはブース内に「iPod touch」を用意していた。そこでは、ジャーナリストのおじさんたちが仕事を忘れて遊んでいるではないか。覗けば、今回発表された新型「ポロ」が登場するシュミレーションゲーム「フォルクスワーゲン・ポロ・チャレンジ」というゲームだった。iTunesなどを通じて3月中旬から無料配布されるという。

「最近じゃ、ヨーロッパも流行に流されるなんて情けないねェ」と嘆くなかれ。
考えてみれば、19世紀末のウィーンでは動物園にキリンがやってきたとき、「キリン」と名のついたものがたくさん街に溢れ、ついには「キリンワルツ」まで作曲されたという。ヒット商品にあやかるのは、欧州でも今に始まったことではないのである。

いっぽう、ホンダは新型「インサイト」のお披露目におなじみの「ASIMO(アシモ)」を活用していた。1日2回のショー形式である。
日本では9年前のデビュー時にあれだけ騒がれながら、ここのところ注目度は、本木雅弘に負けてるアシモ。だが、ヨーロッパの観衆はまだまだ驚きの眼差しとともに、彼の一挙手一投足に釘付けになっていた。

「i」にこだわるのもいいけれど、技術を誇る企業のプロモーションとしては、アシモ活用のほうが正攻法であるとボク自身は思う。ついでにいえば、そこがジュネーブにもかかわらずアシモが“お辞儀”を欠かさないところは、海外赴任したての邦人社員のようで微笑ましかった。

ヒュンダイのコンセプトカー「ix-onic」。
第83回:ジュネーブショーよもやま話 「コンパニオンのウロコ!?」と「世界一カッコいい男」
スイスのRinspeed社が出展した「iChange」。
第83回:ジュネーブショーよもやま話 「コンパニオンのウロコ!?」と「世界一カッコいい男」
フォルクスワーゲンによるiPod touch&iPhone用ゲーム「ポロ・チャレンジ」のコーナー。
第83回:ジュネーブショーよもやま話 「コンパニオンのウロコ!?」と「世界一カッコいい男」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。