【スペック】全長×全幅×全高=4030×1750×1480mm/ホイールベース=2540mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4(88ps/5250rpm、13.6kgm/3250rpm)/価格=210.0万円(テスト車=同じ)

プジョー207スタイル(FF/5AT)【試乗記】

芳醇なフレンチミニ 2009.03.19 試乗記 プジョー207スタイル(FF/5AT)
……210.0万円

207のラインナップに突如舞い降りてきた、エントリーモデル「207スタイル」。このクルマ、廉価ではあっても、ビギナー向けではないようだ。

207シリーズで唯一、シーケンシャル5段MTを搭載

「スタイル」は、コンパクト系プジョーの中でもベーシックラインを受け持つ、カジュアルな車種を示す名称。全長4m級のチャーミングなカプセル「207」にも、2008年の夏にスタイルが加わった。これで207は、標準モデルを含め上級仕様のフェリーヌとシエロ、スポーティなGT、さらに筋肉質のGTiまで、3/5ドアのハッチバックだけでも6車種が勢ぞろいしたことになる。そのうちフェリーヌとシエロだけがATと、かなりマニア受けしそうな組み合わせなのもおもしろい。

その中でひときわ特徴が際立つのがスタイルで、ただの5段MTではなく、同シリーズとしては初めて2ペダルのシーケンシャル5段MTを搭載する。もちろんフルオートモードも選ぶことができ、その名をRMT(ロボタイズド・マニュアル・トランスミッション)という。207は大好きだが、長年ずっと使われてきた4段AT(AL4)では少し物足りないし、だからといって3ペダルの5段MTでは、洒落たシティカーとして使うのに面倒くさい、と思っていたファンがいたとすれば、とてもぴったり来る組み合わせだろう。これならAT限定免許でも、MTらしい素直なダイレクト感を満喫できる。

フロントに横置きされて前輪を駆動する4気筒ツインカムは、シリーズで最も小さい1360ccで、最高出力は88ps/5250rpm、最大トルクは13.6kgm/3250rpmにすぎず、207(1598cc)の120ps、16.3kgmとくらべるとかなり見劣りする。しかし本国では、同じ1.4リッターでも73psの仕様からあって、それでも立派にオートルートを疾走し、パリの渋滞も駆け抜けているのだから、問題ない。少し上乗せした88ps版なら、発進停止の多い日本でも通用するはずだ。

シートはファブリック素材で、ベーシックな形状(スポーツタイプではない)のものが採用される。
プジョー207スタイル(FF/5AT)【短評】
リアシートは、6:4の分割可倒式。
プジョー207スタイル(FF/5AT)【短評】
写真をクリックすると、シートアレンジのさまが見られます。
プジョー207スタイル(FF/5AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
ホームへ戻る