【スペック】全長×全幅×全高=4030×1750×1480mm/ホイールベース=2540mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4(88ps/5250rpm、13.6kgm/3250rpm)/価格=210.0万円(テスト車=同じ)

プジョー207スタイル(FF/5AT)【試乗記】

芳醇なフレンチミニ 2009.03.19 試乗記 プジョー207スタイル(FF/5AT)
……210.0万円

207のラインナップに突如舞い降りてきた、エントリーモデル「207スタイル」。このクルマ、廉価ではあっても、ビギナー向けではないようだ。

207シリーズで唯一、シーケンシャル5段MTを搭載

「スタイル」は、コンパクト系プジョーの中でもベーシックラインを受け持つ、カジュアルな車種を示す名称。全長4m級のチャーミングなカプセル「207」にも、2008年の夏にスタイルが加わった。これで207は、標準モデルを含め上級仕様のフェリーヌとシエロ、スポーティなGT、さらに筋肉質のGTiまで、3/5ドアのハッチバックだけでも6車種が勢ぞろいしたことになる。そのうちフェリーヌとシエロだけがATと、かなりマニア受けしそうな組み合わせなのもおもしろい。

その中でひときわ特徴が際立つのがスタイルで、ただの5段MTではなく、同シリーズとしては初めて2ペダルのシーケンシャル5段MTを搭載する。もちろんフルオートモードも選ぶことができ、その名をRMT(ロボタイズド・マニュアル・トランスミッション)という。207は大好きだが、長年ずっと使われてきた4段AT(AL4)では少し物足りないし、だからといって3ペダルの5段MTでは、洒落たシティカーとして使うのに面倒くさい、と思っていたファンがいたとすれば、とてもぴったり来る組み合わせだろう。これならAT限定免許でも、MTらしい素直なダイレクト感を満喫できる。

フロントに横置きされて前輪を駆動する4気筒ツインカムは、シリーズで最も小さい1360ccで、最高出力は88ps/5250rpm、最大トルクは13.6kgm/3250rpmにすぎず、207(1598cc)の120ps、16.3kgmとくらべるとかなり見劣りする。しかし本国では、同じ1.4リッターでも73psの仕様からあって、それでも立派にオートルートを疾走し、パリの渋滞も駆け抜けているのだから、問題ない。少し上乗せした88ps版なら、発進停止の多い日本でも通用するはずだ。

シートはファブリック素材で、ベーシックな形状(スポーツタイプではない)のものが採用される。
シートはファブリック素材で、ベーシックな形状(スポーツタイプではない)のものが採用される。
リアシートは、6:4の分割可倒式。
リアシートは、6:4の分割可倒式。
写真をクリックすると、シートアレンジのさまが見られます。
写真をクリックすると、シートアレンジのさまが見られます。
関連記事
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る