【スペック】全長×全幅×全高=4175×1600×1160mm/ホイールベース=2330mm/車重=1120kg/駆動方式=FR/2リッター直6DOHC12バルブ(150ps/6600rpm、18.0kgm/5000rpm

トヨタ2000GT(FR/5MT)(後編)【動画試乗記】

日本の誇り 2009.03.16 試乗記 トヨタ2000GT(FR/5MT)

1960年代後半に誕生した、幻の名車「トヨタ2000GT」。わずか337台しか生産されなかった、そのスポーツカーのステアリングを握ることができた。

憧れのツインカム

2000GTの長いボンネットには、クラウンのM型2.0リッターエンジンをベースに、新設計のDOHCヘッドを組み合わせた直列6気筒ツインカムが搭載された。1960年代当時、高回転までよどみなく吹けあがるツインカムエンジンは、羨望のまなざしを向けられていた技術。その実用化に向けた大きなチカラとなったのは、高性能エンジンの開発に豊富なノウハウを持ち合わせていたヤマハ発動機の技術関与だったと言われる。この2社は、その後も良好な関係を保ち続け、数々の名機を生み出していくことになる。

いっぽうインテリアも、当時の多くの国産車とは一線を画す華美な雰囲気をまとっていた。ジャガーなど、英国の高級スポーツカーを想わせる丁寧な仕上げのローズウッドパネルは、日本の職人技術が生んだもの。当時の開発者が、いかに強い情熱と理想をもってこのクルマの開発に取り組んだかをうかがい知ることができる。

これら数々の華を持ち合わせて誕生した2000GT。日本が世界に通用する高性能車を作り上げたというその誇りが、後の日本の自動車産業の発展を推進する原動力となったのは間違いないだろう。

■【Movie】トヨタ2000GT(後編)



トヨタ2000GT(前編)

(Report=熊倉重春/取材協力=トヨタ博物館)

オープンボディの2000GTは、映画「007は二度死ぬ」のために特別に製作された2台のみ。標準モデルは、クーペボディを身にまとう。
オープンボディの2000GTは、映画「007は二度死ぬ」のために特別に製作された2台のみ。標準モデルは、クーペボディを身にまとう。
内装のローズウッドパネルは、日本楽器製造株式会社(現ヤマハ株式会社)が手掛けた。
内装のローズウッドパネルは、日本楽器製造株式会社(現ヤマハ株式会社)が手掛けた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「トヨタ2000GTを語る会」開催される 2003.2.19 自動車ニュース 2003年2月15日、静岡県袋井市にあるヤマハ発動機の「袋井テストコース」において、「トヨタ2000GTを語る会」が開かれた。
  • トヨタ2000GT(FR/5MT)(前編)【動画試乗記】 2009.3.13 試乗記 トヨタ2000GT(FR/5MT)

    1960年代後半に誕生した、幻のスポーツカー「トヨタ2000GT」。わずか337台しか生産されなかった、そのスポーツカーのステアリングを握ることができた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ベントレー・フライングスパーV8 S(前編) 2017.3.9 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「ベントレー・フライングスパーV8 S」に試乗する。全長が5.3mを超える英国の“5つ星サルーン”の世界を、谷口はどう表現するのだろうか?
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る