460psのマセラティ・グラントゥーリズモ発売

2012.11.13 自動車ニュース
「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」
「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」が上陸

「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」が上陸

マセラティ ジャパンは2012年11月13日、新型の4シータークーペ「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」を発売した。


「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」が上陸

2012年3月のジュネーブショーに出展された「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」の販売が、日本国内で始まった。

「グラントゥーリズモS」をベースに、さらに磨きをかけたというこのモデル。フロントの4.7リッターV8エンジンはチューンナップが施され、史上最速のマセラティとうたわれた「グラントゥーリズモMCストラダーレ」をさらに10psと1.0kgm上回る、460ps/7000rpmと53.0kgm/4750rpmを発生する。

トランスミッションは電子制御式の6段セミオートマ「MCシフト」とトルコン式6段AT「MCオートシフト」の2種類が用意され、前者を搭載するモデルは0-100km/h加速=4.7秒、最高速度=300km/h、後者の場合は、同4.8秒、298km/hを実現する。

そのほか走りに関係するアイテムとしては、20インチアロイホイール、ブレンボ社の手になる特製のブレーキシステムなどが特徴。

デザイン上は、新形状のフロントバンパーやLEDのデイタイムランニングライトのほか、サポート性と快適性に優れるという新構造のスポーツシートや「トロフェオデザイン シフトパドル」と呼ばれるシフトパドルがセリングポイントとなっている。

価格は、「MCシフト」モデルが1800万円で、「MCオートシフト」モデルが1750万円。デリバリーの開始は、2012年11月下旬になる予定。

(webCG 関)

関連キーワード:
グラントゥーリズモマセラティ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
ホームへ戻る