460psのマセラティ・グラントゥーリズモ発売

2012.11.13 自動車ニュース

「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」が上陸

マセラティ ジャパンは2012年11月13日、新型の4シータークーペ「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」を発売した。

2012年3月のジュネーブショーに出展された「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」の販売が、日本国内で始まった。

「グラントゥーリズモS」をベースに、さらに磨きをかけたというこのモデル。フロントの4.7リッターV8エンジンはチューンナップが施され、史上最速のマセラティとうたわれた「グラントゥーリズモMCストラダーレ」をさらに10psと1.0kgm上回る、460ps/7000rpmと53.0kgm/4750rpmを発生する。

トランスミッションは電子制御式の6段セミオートマ「MCシフト」とトルコン式6段AT「MCオートシフト」の2種類が用意され、前者を搭載するモデルは0-100km/h加速=4.7秒、最高速度=300km/h、後者の場合は、同4.8秒、298km/hを実現する。

そのほか走りに関係するアイテムとしては、20インチアロイホイール、ブレンボ社の手になる特製のブレーキシステムなどが特徴。

デザイン上は、新形状のフロントバンパーやLEDのデイタイムランニングライトのほか、サポート性と快適性に優れるという新構造のスポーツシートや「トロフェオデザイン シフトパドル」と呼ばれるシフトパドルがセリングポイントとなっている。

価格は、「MCシフト」モデルが1800万円で、「MCオートシフト」モデルが1750万円。デリバリーの開始は、2012年11月下旬になる予定。

(webCG 関)

「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」
「マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ」 拡大

460psのマセラティ・グラントゥーリズモ発売の画像 拡大

関連キーワード:
グラントゥーリズモマセラティ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・グラントゥーリズモMC/グランカブリオ スポーツ【海外試乗記】 2017.8.26 試乗記 2007年のデビューから10年、「マセラティ・グラントゥーリズモ」が最後(?)のマイナーチェンジを受けた。大排気量の自然吸気V8エンジンをかたくなに守り続ける“ご長寿GT”の、最新のハイパワーターボ車にはない魅力をリポートする。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • マセラティが「レヴァンテGTS」を世界初公開 2018.7.13 自動車ニュース 伊マセラティは2018年7月12日(現地時間)、英国で開催されている自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、SUV「レヴァンテ」の高性能モデル「レヴァンテGTS」を世界初公開した。
  • マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開 2018.7.12 自動車ニュース 英マクラーレンが新型車「600LT」を世界初公開。専用の空力パーツを装着したボディーに、最高出力600psのエンジンを搭載した「スポーツシリーズ」の高性能モデルで、上級モデル「675LT」に匹敵する動力性能、運動性能を実現しているという。
ホームへ戻る