第82回:「ジュネーブショー2009」風雲!カロッツェリア、でもキラリと光る話題が

2009.03.14 エッセイ

第82回:「ジュネーブショー2009」風雲!カロッツェリア、でもキラリと光る話題が


第82回:【ジュネーブショー09】イタリア、カロッツェリアたちの今

「劇場仕立て」だったのに

ジュネーブショーの会場は、劇場仕立てである。
入口のエスカレーターに乗って上がってゆくと、無数のライトに照らされた本会場の様子が次第に明らかになってくる。舞台の幕が開くかわりに、みずからがステージに迫ってゆく心境。今年はどんなクルマが待っているのか? 心ときめく瞬間だ。

そしてエスカレーターを降りてすぐのところに、スター然として構えているのがイタリアのカロッツェリアたち。その最前列には長年、ピニンファリーナ、ジウジアーロ、ベルトーネの、いうならばトリノ御三家がスタンドを構えるのが通例だった。華やかなショーの序曲を彼らが奏でる、というムードが漂っていたものである。

「いたものである」と書いたのは、近年そうした情景が変わりつつあるからだ。

カロッツェリア・ベルトーネは、2008年はじめに倒産したため、同年のジュネーブから姿を消した。デザイン部門のスティーレ・ベルトーネは存続したが、残念ながらショー会場には戻ってこない。
ピニンファリーナも変容した。現在フィアットやフォードから受託生産している「アルファ・スパイダー」や「フォード・フォーカスCC」などを並べたものの、ショーカーの公開は見送った。2007年後半から続く経営不振がもろに現れたかたちだろう。その他の大小のカロッツェリアも、今ひとつ元気がない。

それにしてもショーカーのドアというと、なぜガルウィングやセンターピラーレスにしないといけないのか? その昔、ボディ剛性の高さを自慢した名残なのかもしれない。だが、センターピラーのない初代「日産プレーリー」が出て27年が経過し、近所のチューニング兄ちゃんが「プジョー206」をガルウィングに改造する今となっては、もはや誰も驚かないのではないか。

モーターショーをボディビル大会に見立て、そうしたドアを「ボディビルダーのお決まりポーズ」と解釈すると納得できないでもないが……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。