【Movie】「ボルボXC60」の自動ブレーキを体験する

2009.03.13 自動車ニュース
「ボルボXC60」
【Movie】「ボルボXC60」の自動ブレーキを体験する

【Movie】「ボルボXC60」の自動ブレーキを体験する

2008年秋に欧州デビューを果たした、ボルボのコンパクトSUV「XC60」。2009年秋に日本上陸が予定されている同車の最新の安全技術「シティセーフティ」を、いち早く体験した。

車両速度が30km/h以上ではシステムは作動しない。一方で、クリープや坂道で車両の速度が4km/hを越えた場合などは作動する。
車両速度が30km/h以上ではシステムは作動しない。一方で、クリープや坂道で車両の速度が4km/hを越えた場合などは作動する。

【Movie】「ボルボXC60」の自動ブレーキを体験するの画像

【Movie】「ボルボXC60」の自動ブレーキを体験するの画像

■シティセーフティとは?

こと「安全」に感度の高いボルボが、最新モデル「XC60」に導入した安全システム、それが「シティセーフティ」である。「シティセーフティ」の名のとおり、市街地での低速走行時に照準をあて、追突事故を減らす目的で開発された。
ボルボ独自の調査によると、衝突事故の75%は30km/h以下で発生するという結果がでており、日本でも追突事故の多くは低速走行時に発生しているそうだ。

前方に障害物を検知し「シティセーフティ」が作動すると、まずはブレーキをプレチャージし、反応を早くするための準備を行う。さらにドライバーがブレーキを踏む意志が無いと判断すると、車両が自動的にブレーキをかける。これにより、15km/h以下で完全停止、15〜30km/hでは衝突ダメージの軽減が見込めるという。都市部での渋滞時、よそ見や携帯電話のチェック、カーナビの操作など(どれも褒められた行為ではないが)で注意がそれたときに、威力を発揮するだろう。

なお、前方障害物の検知は、フロントガラス上部に取り付けられたレーザーセンサーで行われる。人間などには反射しづらいため、検知対象は限られるが、あえてレーザーを使った理由は、イニシャルコストを下げるためだという。標準装備にすることで、“使える”システムにすることが狙いなのだ。

日本仕様はまだ明かされていないが、いずれにせよ「XC60」にはすべてのグレードにこのシステムが標準装備されており、日本でも当然採用される。
ただし現在のところ、「シティセーフティ」に対する国土交通省の認可が下りていない。仮に認可が下りないとすると、装置は付いていながらも作動をオフにして販売されるという、非常にもったいない事態になってしまう。

注:テスト車両は、英国仕様の国内未登録車。
注:テスト車両は、英国仕様の国内未登録車。

【Movie】「ボルボXC60」の自動ブレーキを体験するの画像

■基本の安全運転を忘れずに

このたびの体験試乗では、15km/hからの完全停止を試すことができた。システム作動の状況は、一見に如かず、動画をご覧いただきたい。

障害物との距離が6mにせまると、激しく警告灯が点滅し、かなりの急ブレーキがかかる。ただし、あまりにGがかかるとドライバーへのダメージが大きいため、フルブレーキの半分ほどの力に設定されているという。
なお、ステアリング操作を加えたり、アクセルを急にゆるめるなどすると、それは回避行動とみなされ、シティーセーフティの作動はキャンセルされる。

走行は数度行ったが、システムは確実に作動し、速度を少々オーバーしても追突に至らなかった。安全デバイスとして、有効なモノであるということは確認できた。
しかしシステムを過信することで、運転をおろそかにしないことが基本である。使うシチュエーションは、ないほうがありがたいわけで、安全運転を心がけた上で、いざという時の保険だと、理解してほしい。

■【Movie】「ボルボXC60」のシティセーフティ体験

(文と動画=webCG 本諏訪/写真=ボルボ・カーズ・ジャパン)

関連キーワード:
XC60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を世界初公開 2017.9.22 自動車ニュース ボルボ・カーズは2017年9月21日(現地時間)、イタリア・ミラノにおいて「XC40」を世界初公開した。「XC60」よりもひと回り小さなボディーを持つコンパクトSUVであり、新開発の小型車用モジュラープラットフォーム「CMA」を採用している。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • アウディ、「Q5」をフルモデルチェンジして発売 2017.9.20 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年9月20日、第2世代となるミドルサイズSUV、新型「Q5」を発表した。同年10月2日に販売を開始する。初代のQ5は2008年にデビューし、8年間で約160万台のセールスを記録。“Qシリーズ”の主力モデルとして重要な役割を果たしてきた。
ホームへ戻る