【スペック】全長×全幅×全高=4175×1600×1160mm/ホイールベース=2330mm/車重=1120kg/駆動方式=FR/2.0リッター直6DOHC12バルブ(150ps/6600rpm、18.0kgm/5000rpm)

トヨタ2000GT(FR/5MT)(前編)【動画試乗記】

日本初のグランツーリズモ 2009.03.13 試乗記 トヨタ2000GT(FR/5MT)

1960年代後半に誕生した、幻のスポーツカー「トヨタ2000GT」。わずか337台しか生産されなかった、そのスポーツカーのステアリングを握ることができた。

外観も中身も一歩先を行っていた

1960年代に、トヨタ自動車がその持てる力を結集して造り上げた日本初の本格グランツーリズモ「2000GT」。ロングノーズ・ショートデッキのスポーツカーらしいボディは、当時まだ珍しかった2シーター・ファストバックの非日常的なパッケージを採り入れ、完成したもの。乗用セダンをベースとしたのでは到底なし得ることができないフォルムであり、このことも、2000GTが特別な意味を込められたクルマであったことを物語っている。

その流麗なフォルムと同様、クルマの中身も斬新だった。海外の先進的なスポーツカーにヒントを得た箱形断面のバックボーンフレームは、高剛性化と低重心化に大きく貢献。また、前後ダブルウィッシュボーン式のサスペンションも、多くの乗用車がリアサスペンションにリジッドアクスルを採用していた当時には珍しいものだった。

カタログによると、0-400mを15.9秒で駆け抜け、最高速度は220km/hに達したという。

1967年3月から70年8月まで販売され、生産台数はわずか337台。欧米に遅れを取っていた日本のモータリゼーションに、明るい光を灯した2000GT。そのステアリングを握ることができた。

■【Movie】トヨタ2000GT(前編)

トヨタ2000GT(後編)

(Report=熊倉重春/取材協力=トヨタ博物館) 

エンジンは、ツインカムヘッドを持つ直列6気筒。燃料供給には、ダブルチョークキャブレターを3つ採用、すなわち1気筒あたりひとつキャブレターを搭載していたのと同じ。
エンジンは、ツインカムヘッドを持つ直列6気筒。燃料供給には、ダブルチョークキャブレターを3つ採用、すなわち1気筒あたりひとつキャブレターを搭載していたのと同じ。
ロースウッドが張り巡らされたコクピット。
ロースウッドが張り巡らされたコクピット。
1967年発売当時の車両価格は、238.0万円だった。
1967年発売当時の車両価格は、238.0万円だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「トヨタ2000GTを語る会」開催される 2003.2.19 自動車ニュース 2003年2月15日、静岡県袋井市にあるヤマハ発動機の「袋井テストコース」において、「トヨタ2000GTを語る会」が開かれた。
  • トヨタ2000GT(FR/5MT)(後編)【動画試乗記】 2009.3.16 試乗記 トヨタ2000GT(FR/5MT)

    1960年代後半に誕生した、幻の名車「トヨタ2000GT」。わずか337台しか生産されなかった、そのスポーツカーのステアリングを握ることができた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る