「ポルシェ・パナメーラ」日本での予約受付開始

2009.03.12 自動車ニュース

「ポルシェ・パナメーラ」日本での予約受付開始

ポルシェ・ジャパンは、4ドア4シーターモデル「パナメーラ」の価格を発表。2009年3月25日に受注を開始する。

2009年4月20日に開幕する上海モーターショーでワールドプレミアとなり、同年9月12日にドイツで発売予定の「パナメーラ」。早くも日本での受注が開始される。

既報のとおり、ラインナップは3モデル。4.8リッターV8エンジン(400ps)搭載の「パナメーラ S/4S」と、同ターボエンジンを搭載する最上級モデルの「パナメーラ ターボ」(500ps)となり、日本市場にもすべてが導入される。
トランスミッションは、本国では「パナメーラ S/4S」に6段MTも用意されるが、日本仕様は3モデルすべて、7段の2ペダルMT「ポルシェ・ドッペルクップルング」(PDK)を標準とする。

エンジンはいずれも、直噴システムのDFIを採用。さらにパナメーラには、今までのポルシェ車にはない、エレクトリックパーキングブレーキや、オートスタート/ストップ機能などが標準で備わる。

ポルシェ・ジャパンは、他国ではオプション設定の装備も、日本顧客に合わせ標準装備したモデルを導入するという。
価格は、パナメーラ Sが1374.0万円、パナメーラ 4Sは1436.0万円、パナメーラ ターボは2061.0万円。ステアリング位置はいずれも左右から選べる。

(webCG ワタナベ)

「パナメーラ4S」
「パナメーラ4S」

「ポルシェ・パナメーラ」日本での予約受付開始の画像

「ポルシェ・パナメーラ」日本での予約受付開始の画像
「パナメーラS」
「パナメーラS」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ【海外試乗記】 2017.8.12 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」から派生したワゴンタイプの新型車「パナメーラ スポーツツーリスモ」にカナダで試乗。既存のパナメーラとの違いを含め、その走りや使い勝手を報告する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記 マクラーレンロードカーの中核をなすスーパーシリーズ、その最新作である「720S」にイタリアで試乗。新しいシャシーと4リッターまで拡大されたV8ターボエンジンがもたらす走りは、ピュアなスポーツドライビングの歓びに満ちていた。
ホームへ戻る