「ポルシェ・パナメーラ」日本での予約受付開始

2009.03.12 自動車ニュース

「ポルシェ・パナメーラ」日本での予約受付開始

ポルシェ・ジャパンは、4ドア4シーターモデル「パナメーラ」の価格を発表。2009年3月25日に受注を開始する。

2009年4月20日に開幕する上海モーターショーでワールドプレミアとなり、同年9月12日にドイツで発売予定の「パナメーラ」。早くも日本での受注が開始される。

既報のとおり、ラインナップは3モデル。4.8リッターV8エンジン(400ps)搭載の「パナメーラ S/4S」と、同ターボエンジンを搭載する最上級モデルの「パナメーラ ターボ」(500ps)となり、日本市場にもすべてが導入される。
トランスミッションは、本国では「パナメーラ S/4S」に6段MTも用意されるが、日本仕様は3モデルすべて、7段の2ペダルMT「ポルシェ・ドッペルクップルング」(PDK)を標準とする。

エンジンはいずれも、直噴システムのDFIを採用。さらにパナメーラには、今までのポルシェ車にはない、エレクトリックパーキングブレーキや、オートスタート/ストップ機能などが標準で備わる。

ポルシェ・ジャパンは、他国ではオプション設定の装備も、日本顧客に合わせ標準装備したモデルを導入するという。
価格は、パナメーラ Sが1374.0万円、パナメーラ 4Sは1436.0万円、パナメーラ ターボは2061.0万円。ステアリング位置はいずれも左右から選べる。

(webCG ワタナベ)

「パナメーラ4S」
「パナメーラ4S」

「ポルシェ・パナメーラ」日本での予約受付開始の画像

「ポルシェ・パナメーラ」日本での予約受付開始の画像
「パナメーラS」
「パナメーラS」

関連キーワード:
パナメーラポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.8.22 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。カナダ・バンクーバー島からのリポート。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールSE(P380)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.20 試乗記 「スポーツ」や「イヴォーク」に次ぐ新たなレンジローバーファミリーとして生まれた、ラグジュアリーSUV「レンジローバー ヴェラール」。優美なスタイリングに秘められた走りの質を、3リッターV6ガソリンモデルで吟味した。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」を発売した。SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。
ホームへ戻る