【スペック】全長×全幅×全高=4520×1797×1499mm/ホイールベース=2700mm/車重=1440kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(150ps/5500rpm、21.0kgm/2250rpm)/価格=398万円(テスト車=426万3500円/スカイドーム(サンルーフ)=12万6000円/Bカラー=15万7500円)

ランチア・デルタ 1.4ターボ16V(FF/6MT)【試乗記】

密かな愉しみ 2009.03.12 試乗記 ランチア・デルタ 1.4ターボ16V(FF/6MT)
……426万3500円

スクエアなボディから、エレガントなスタイルにイメチェンを果たした「ランチア・デルタ」。1.4リッターターボを6段MTで操り、その走りを試す。


デザインに惚れた

「これがあのデルタの後継車?」と戸惑うほど、3代目「ランチア・デルタ」のスタイリングはすっかり様変わりしている。全長4520mmの2ボックスボディは、一見はやりのクロスオーバー風だが、実際は全高1499mmの5ドアハッチバック。ここに歴代デルタの共通性を見いだすことができるとはいえ、それ以外はまるで違う。そういえば、数学でよく目にする「Δ」(デルタ)は変化を意味する記号であった。

そんなフル“イメージ”チェンジのデルタは、2008年3月のジュネーブショーでデビュー。そして、同じ年の秋には、ガレージ伊太利屋の手により日本での販売がスタートしている。ラインナップは、1.4リッターガソリンエンジンを積む「1.4ターボ16V」(398万円)とディーゼル仕様の「1.6ターボディーゼル16V」(428万円)のふたつで、前者には6段マニュアルが、後者には「DFN」と呼ばれる、2ペダルタイプの6段ギアボックスが組み合わされる。いずれもハンドルの位置は左である。

このうち、今回試乗できたのはガソリン仕様のモデル。目の当たりにしたデルタは、5ドアハッチバックの常識を打ち破るほど優雅なラインで構成されるボディに、淡いゴールドとブラックのツートーンカラー(“Bカラー”と呼ばれるオプション)が施されているせいか、えもいわれぬ雰囲気を漂わせていた。私は、その個性溢れるエクステリアに抵抗感を抱くどころか、すぐに好きになってしまった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.23 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    ランチア改めクライスラーのバッジを付けて上陸した「イプシロン」。ブランドが変わっても、このクルマならではのワン&オンリーな魅力は変わらない。
  • ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.1 試乗記 ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)
    ……263万5000円

    フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「イプシロン」。“あの”ツインエアを搭載する走りに、ランチアらしさは感じられたのか?
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.6 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    イタリアのランチア改め、アメリカのクライスラーブランドで国内販売が始まった、新型「イプシロン」。巨匠 徳大寺有恒が、その印象を語る。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る