670psのムルシエラゴ、「LP670-4 スーパーヴェローチェ」がデビュー【ジュネーブショー09】

2009.03.11 自動車ニュース

【ジュネーブショー09】670psのムルシエラゴ、「LP670-4 スーパーヴェローチェ」がデビュー

ランボルギーニは、2009年3月3日に開幕したジュネーブショーで、新型のスーパースポーツ「ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ」を発表した。

「ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ」は、ランボルギーニのフラッグシップモデル「ムルシエラゴ LP640」のパフォーマンスを、さらに高めたモデルだ。
6.5リッターV12エンジンは、バルブタイミングとインテークシステムの見直しを行うことで、30psをさらに上乗せ。車名にある数字のとおり、シリーズ最強となる670psを発生する。オートマモードを備える、電子油圧式シーケンシャルロボタイズドマニュアルトランスミッション「eギア」を介し、四輪を駆動。0-100km/h加速を3.2秒でこなし、最高速は342km/hに達する。

エアロダイナミクスの観点から、前後のバンパーまわりはもちろん、エンジンフードなど、エクステリアにも大きく手が入れられ、フロントフェンダーには、ブレーキ冷却用のエアインテークが設けられた。オプションで選べる大型のリアスポイラー「エアロバックウィング」もスーパーヴェローチェならではの特徴だ。
形状のみならず、フロントフェンダー、リアのサイドパネルとフェンダー、リアスポイラー、シートなど、パーツの素材にはカーボンファイバーが多用され、シャーシとエクステリアで33kg、インテリアで34kg、エンジンおよびドライブトレインで33kgの軽量化を実現。結果、「LP640」より100kg軽い1565kgの車重に仕上がっている。

ランボルギーニこだわりの、ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ。価格は未定ながら、350台限定で販売されるとのことだ。

(webCG 関)

「ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ」(写真=桃田健史(IPN))
「ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ」(写真=桃田健史(IPN))
パワーアップと軽量化を推し進めた結果、トンあたりの馬力は435psに。
パワーアップと軽量化を推し進めた結果、トンあたりの馬力は435psに。
内装にはアルカンターラを採用。通常のレザー仕様に比べ軽量に仕上がったという。
内装にはアルカンターラを採用。通常のレザー仕様に比べ軽量に仕上がったという。

670psのムルシエラゴ、「LP670-4 スーパーヴェローチェ」がデビュー【ジュネーブショー09】の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)【試乗記】 2010.7.8 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4(4WD/6AT)
    ……3052万2975円

    560psを誇るスーパーカーに試乗したら「ランボルギーニ・カウンタック」に憧れたあのころを思い出した。スーパーカーってやっぱり……。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)【試乗記】 2011.11.7 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラ(4WD/6AT)
    ……3377万4825円

    超軽量を意味する「スーパーレジェーラ」。ベース車の「LP570-4」と比較して70kg軽量化された「ガヤルド」は、一体どれだけ凶暴化したのか。猛牛で箱根を目指す!
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • メルセデスAMG GT S(FR/7AT)【試乗記】 2015.8.6 試乗記 メルセデスのスポーツモデルの最高峰「メルセデスAMG GT」に試乗した。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、アルミの骨格を持つGTの真骨頂は「軽さ」。足どりも軽やかな“ライトウェイトスーパーカー”に仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
ホームへ戻る