670psのムルシエラゴ、「LP670-4 スーパーヴェローチェ」がデビュー【ジュネーブショー09】

2009.03.11 自動車ニュース

【ジュネーブショー09】670psのムルシエラゴ、「LP670-4 スーパーヴェローチェ」がデビュー

ランボルギーニは、2009年3月3日に開幕したジュネーブショーで、新型のスーパースポーツ「ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ」を発表した。

「ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ」は、ランボルギーニのフラッグシップモデル「ムルシエラゴ LP640」のパフォーマンスを、さらに高めたモデルだ。
6.5リッターV12エンジンは、バルブタイミングとインテークシステムの見直しを行うことで、30psをさらに上乗せ。車名にある数字のとおり、シリーズ最強となる670psを発生する。オートマモードを備える、電子油圧式シーケンシャルロボタイズドマニュアルトランスミッション「eギア」を介し、四輪を駆動。0-100km/h加速を3.2秒でこなし、最高速は342km/hに達する。

エアロダイナミクスの観点から、前後のバンパーまわりはもちろん、エンジンフードなど、エクステリアにも大きく手が入れられ、フロントフェンダーには、ブレーキ冷却用のエアインテークが設けられた。オプションで選べる大型のリアスポイラー「エアロバックウィング」もスーパーヴェローチェならではの特徴だ。
形状のみならず、フロントフェンダー、リアのサイドパネルとフェンダー、リアスポイラー、シートなど、パーツの素材にはカーボンファイバーが多用され、シャーシとエクステリアで33kg、インテリアで34kg、エンジンおよびドライブトレインで33kgの軽量化を実現。結果、「LP640」より100kg軽い1565kgの車重に仕上がっている。

ランボルギーニこだわりの、ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ。価格は未定ながら、350台限定で販売されるとのことだ。

(webCG 関)

「ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ」(写真=桃田健史(IPN))
「ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ」(写真=桃田健史(IPN))
パワーアップと軽量化を推し進めた結果、トンあたりの馬力は435psに。
パワーアップと軽量化を推し進めた結果、トンあたりの馬力は435psに。
内装にはアルカンターラを採用。通常のレザー仕様に比べ軽量に仕上がったという。
内装にはアルカンターラを採用。通常のレザー仕様に比べ軽量に仕上がったという。

670psのムルシエラゴ、「LP670-4 スーパーヴェローチェ」がデビュー【ジュネーブショー09】の画像
関連記事
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸NEW 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
ホームへ戻る